現在の場所

介護予防・日常生活支援総合事業の指定基準等について

 

介護予防訪問介護相当サービス(現行相当)

 

サービス内容

身体介護が必要な方、または訪問介護員による専門的な支援が必要な方(※)を対象に、身体介護と生活援助のサービスを提供

(※)認知機能の低下・心身の状態の不安定などから見守りや介助の支援を必要とする場合、疾患、障がい等から見守りや介護の支援を必要とする場合など

実施方法、サービス提供者、基準(人員・設備・運営) 介護予防訪問介護と同様
報酬等

週1回程度の利用  1,168単位/月
週2回程度の利用  2,335単位/月
週2回を超える利用 3,704単位/月

加算・減算 介護予防訪問介護と同様
利用者負担、支払方法

介護予防訪問介護と同様

 

訪問介護サービスA(基準緩和)

 

サービス内容 身体介護が必要でない人を対象として、生活援助を利用者とともに行い、利用者自身が日常生活を送る上でできることを増やせるように支援
実施方法 事業者指定
サービス提供者 訪問介護員、市指定研修修了者など
人員基準

管理者…専従1以上

 (支障がない場合、他の職務、同一敷地内の他事業所等の職務に従事可能)

訪問介護員等…従事者のうち必要数

 【資格要件】介護予防訪問介護と同様の資格要件または市指定研修修了者

訪問事業責任者…従事者のうち必要数(非常勤可)

 【資格要件】訪問介護員等と同様

設備基準

介護予防訪問介護と同様

 必要な広さを有する区画及びサービス提供に必要な設備及び備品

運営基準

概ね介護予防訪問介護に準じる

 個別計画の作成、提供拒否の禁止、衛生管理、秘密保持、事故発生時の対応、
 廃止・休止の届出と便宜の提供、家族に対するサービス提供の禁止、
 サービスの提供の記録、内容及び手続の説明及び同意 等

報酬等 1回当たり220単位
加算・減算

同一建物減算(事業所と同一建物の利用者またはこれ以外の同一建物の利用者20人以上にサービスを行う場合)基本単位の10%減算

他の加算・減算は適用しない。

利用者負担

介護保険の利用者負担と同様(1割または2割)

支払方法

国保連経由

 

 

介護予防通所介護相当サービス(現行相当)

 

サービス内容、実施方法、サービス提供者、
基準(人員・設備・運営)、報酬等、

介護予防通所介護と同様
報酬等

週1回程度の利用  1,647単位/月
週2回程度の利用  3,377単位/月

加算・減算、利用者負担、支払方法 介護予防通所介護と同様

 

ページの先頭へ