現在の場所
  • ホーム
  • 大事なお知らせ
  • 「臨時福祉給付金」と「障害・遺族基礎年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)」

「臨時福祉給付金」と「障害・遺族基礎年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)」

臨時福祉給付金及び障害・遺族基礎年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)とは

消費税率の引き上げに際し、低所得者への影響を緩和するため、暫定的・臨時的な措置として、「臨時福祉給付金」を支給します。また、合わせて「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい低所得の障害・遺族基礎年金受給者を支援するため、障害・遺族基礎年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)を支給します。
 

平成28年度臨時福祉給付金

 

【支給対象者】

平成28年1月1日において、いずれにも該当する人

  • 海南市の住民基本台帳に記録されている人
  • 平成28年度の市民税(均等割)が課税されていない人
  • 次のア~ウのいずれにも該当しない人
    ア 平成28年1月1日時点で、生活保護の被保護者となっている人

  イ 平成28年度の市民税(均等割)が課税されている人の被扶養者となっている人

  ウ 不法滞在又は短期滞在の外国人の人

※支給決定がされる前の間に死亡した人については、支給の対象にはなりません。

【支給額】 対象者1名につき3千円
 

障害・遺族基礎年金受給者向け給付金(年金生活者等支援福祉給付金)

【支給対象者】

 平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者のうち、障害基礎年金または遺族基礎年金を受給している人。

 ただし高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)を受給された人は、対象外です。
※支給決定がされる前の間に死亡した人については、支給の対象にはなりません。

【支給額】 対象者1名につき3万円
 

※以下については、両給付金とも共通項目となります。
【申請書】
 
支給対象となる可能性のある人には、すでに申請書はお送りしています。
申請・支給方法】
※次の方法を原則とします。
 お送りした申請書に所定の事項をご記入のうえ、必要書類を添えて同封の返信用封筒に入れ、郵便ポストに投函してください。

申請方法

申請受付期間

支給方法

郵送

9月1日(木)

  ~

12月1日(木)

当日消印有効

預金口座への振込み

○申請・受給者の預金口座にお振り込みします。

 

★期限までに申請されなかった場合、給付金を受け取ることができません。

※次の窓口に直接持参していただくこともできます。
相談窓口では、申請書の記入方法など申請に関するお手伝いや相談を行います。

通常相談窓口

開設場所

日 程

時 間

海南保健福祉 センター1階 特設窓口

9月1日(木)~12月1日(木) (土・日・祝日を除く)   ※海南保健福祉センターでは次の日程により休日相談窓口を開設します。

8時30分

17時15分

下津行政局

野上支所

巽出張所

亀川出張所

 

休日相談窓口

開設場所

日 程

時 間

海南保健福祉 センター1階 特設窓口

9月3日(土)

9月4日(日)

8時30分

   17時15分

 

臨時相談窓口

開設場所

日 程

時間

塩津コミュニティセンター

中児童館

旧加茂第二小学校玄関ロビー

旧仁義小学校ランチルーム

大崎会館

9月6日(火)

9時

17時

大野公民館

北野上公民館

巽コミュニティセンター

南野上公民館

9月8日(木)

9時

17時

黒江防災コミュニティセンター

内海公民館

冷水集会所

市民交流センター

9月9日(金)

9時

17時


【申請に必要な書類】
 ・
申請書
 振込希望口座の通帳又はキャッシュカードの写し(コピー)金融機関名・支店名・預金種目・口座番号・口座名義人(カナ)が確認できるようにコピーしてください。
※対象者全員のもの、申請書と同じ氏名・生年月日・住所が記載されているもの、有効期限のあるものは有効期限内のもの
※なお、申請者は、本人確認書類の種類によって2種類必要になるものがあります。

 

本人確認書類の写し

申 請 者

申請者以外

1種類でいいもの()

運転免許証、パスポート、

写真付き住民基本台帳カードなど

2種類必要なもの()

健康保険証、年金手帳、     

介護保険証など

左に例示のものなど1種類


【その他留意事項】
 DV被害者等で、他の市区町村から住民票を移さずに海南市にお住まいの方については、海南市で申請を受け付けることができる場合がありますのでご相談ください。
 また、一定の住居を持たない方でいずれの市区町村にも住民票がない方については、平成28年1月2日以降であっても海南市で住民票の手続を行えば申請を行うことができます。

 

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください!
 市役所や厚生労働省などの職員が、ATM(銀行・コンビニなどの現金自動預払機)の操作をお願いしたり、手数料の振込を求めたりすることなどは絶対にありません。


問い合わせ  
 
 海南市社会福祉課臨時福祉給付金担当 (電話 073-483-8627)
  厚生労働省 専用ダイヤル(電話 0570-037-192)

ページの先頭へ