現在の場所

弾道ミサイル落下時の行動について

  • 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

弾道ミサイルが発射されてもJアラートが鳴らない場合があります

 弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性または領土・領海を通過する可能性がないと判断された場合は、Jアラートは鳴りません。

メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

屋外にいる場合

  • 近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難する。
  • 近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守る。

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(PDF:412.6KB)

国民保護ポータルサイト

Jアラートの情報伝達について

 弾道ミサイル発射情報・避難の呼びかけは次の3パターンがあります。

  1. 日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合
  2. 日本の領土・領海の上空を通過した場合
  3. 日本の領海外の海域に落下した場合

 また、Jアラートによる情報伝達は、迅速な情報伝達の観点から、飛来する弾道ミサイルに注意が必要な地域に幅広く行います。
 詳細は下記PDFファイルをご確認ください。

Jアラートによる情報伝達について(PDF:895KB)

Jアラートの送信地域について(PDF:229.6KB)

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用

 消防庁では、お持ちの携帯電話・スマートフォンで「弾道ミサイル情報等の国民保護情報」が受信できるかどうかの確認手順と、受信できない(または受信できるか分からない)場合の対策を下記PDFファイルのとおりまとめましたので、ご確認ください。

国民保護情報の配信サービスの活用(PDF:251.8KB)

ミサイルの落下物について

 落下物には有毒な燃料が付着している場合も考えられるため、不用意に近づかないようにしてください。
 また、被害の情報や落下物の情報がありましたら、速やかに警察や消防等に連絡してください。

ジメチルヒドラジン(ミサイル燃料)について(PDF:235.3KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
総務部 危機管理課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8406
ファックス:073-483-8483
メール送信:kikikanri@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ