現在の場所

医療費控除が変わります(所得税・住民税申告関係)

医療費控除の提出書類が簡略化されました

平成29年分の所得税申告(または平成30年度の個人住民税申告)から医療費控除を受ける場合には、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。

※「医療費の領収書」は、5年間自宅等で保管する必要があります。

※所定の事項が記載された「医療費通知」(医療費のお知らせなど)を提出する場合は、明細書の記載や領収書の保管を省略することができます。

※経過措置として、平成31年分の所得税申告(または平成32年度の個人住民税申告)までは、医療費控除の明細書の提出に代えて、従来通り、医療費の領収書の提出又は提示によることもできます。

セルフメディケーション税制が創設されました

健康の保持増進及び疾病の予防に関する取組を行った方が、12,000円以上の対象医薬品を購入した場合には、「セルフメディケーション税制」(通常の医療費控除と選択適用、88,000円が限度)を受けることができます。詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。

国税庁ホームページ(医療費控除)

ページの先頭へ