現在の場所

水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります

「警戒レベル」を用いて避難行動をお伝えします

 今年度から、避難勧告等を発令する際は、警戒レベルを伴わせて用いることで、避難行動を分かりやすくお伝えします。

 「警戒レベル」は1から5の5段階で、数字が大きくなるほど、危険度が高くなります。

 「警戒レベル1」と「警戒レベル2」は気象庁が発表し、海南市から、「避難準備・高齢者等避難開始情報」にあわせて「警戒レベル3」、「避難勧告」または「避難指示(緊急)」にあわせて「警戒レベル4」、災害が発生していることを把握した場合に「警戒レベル5」を発令します。

 「警戒レベル3」が発令された時点で、ご高齢の方や乳幼児等、避難に時間がかかる人は避難を開始してください。

 「警戒レベル4」が発令された時点で、浸水想定区域及び土砂災害警戒区域にお住まいの方は、最寄りの避難所など、安全な場所に避難してください。

 「警戒レベル5」が発令された場合は、すでに災害が発生している状況になりますので、命を守るための最善の行動をとってください。

 なお、海南市からの「警戒レベル」のほか、国土交通省や気象庁、都道府県より、防災気象情報として「警戒レベル相当情報」が発表されます。

 「警戒レベル相当情報」は、住民の皆様が自主的に避難行動をとるために参考とする情報です。「警戒レベル相当情報」が発表されても、同時に同じレベルの「警戒レベル」が発令されるとは限りません。

 また、津波については、警戒レベルの運用対象外です。

 

 

 

警戒レベル資料(内閣府)(PDF:1.7MB)

内閣府ホームページ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ