現在の場所

海南市役所地球温暖化対策実行計画及び海南市地球温暖化対策環境配慮指針

 地球温暖化問題とは、人の活動に伴って発生する二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガス濃度を増加させることにより、地球全体として、地表や大気の温度が上昇し、自然の生態系や人類の生活に悪影響をおよぼすものであり、その予想される影響の大きさや深刻さからみて、まさに人類の生存基盤に関わる最も重要な環境問題の1つです。

地球温暖化のしくみ

 地球温暖化防止に向けての国際的な取組みとしまして、平成9年、京都で開催された地球温暖化対策に関する国際会議(COP3)において「京都議定書」が採択され、わが国については温室効果ガスの総排出量を「2008年から2012年」の第一約束期間に、1990年レベルから6パーセント削減するとの目標が定められました。これを受けて、地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号)が公布され、地方自治体は、自ら実施する事務及び事業に関し、温室効果ガスの排出の抑制等のための措置に関する計画を策定するものと規定されました。

 これに基づき、海南市役所も「1つの事業所」として温暖化対策を推進していくため、「海南市役所地球温暖化対策実行計画」を策定いたしました。

1.計画期間

 平成25年度から平成29年度までとします。

2.温室効果ガスの削減目標

 平成23年度における温室効果ガス排出量(4,948,332キログラム‐CO2)に対し、平成29年度までに、5パーセントの温室効果ガス排出量削減を目標とします。

 また、平成21年度から市民の皆さまや事業者の方に関して、自主的に率先して自ら排出する温室効果ガスの抑制を図るための環境配慮指針を作成しました。

 具体的な取組み内容や、計画の詳細については、下記よりダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

海南市地球温暖化対策環境配慮指針(WORD:850KB)

お問い合わせ先
くらし部 環境課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8456
メール送信:kankyo@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ