現在の場所

浄化槽の管理について

1.浄化槽(合併処理浄化槽)とは?

 し尿と生活雑排水(お風呂や台所などからの排水)をまとめて処理する浄化槽で、優れた処理能力をもっています。
 浄化槽を設置することにより、みなし浄化槽(単独処理浄化槽)使用時の約7倍、し尿汲み取り方式の家庭の約6倍もの環境への負担が軽減されます。(参考:平成14年度版 環境白書)
 なお、浄化槽の機能を十分に発揮するためには、適正な維持管理が必要であります。

2.浄化槽の管理

 浄化槽管理者(所有者)には、浄化槽法により、保守点検法定検査清掃が義務付けられています。

1.保守点検(浄化槽法第10条)

  • 「保守点検」では、浄化槽の各装置からの流出水の水質や汚泥の蓄積状況を点検し、必要な調整修理を行います。
  • 浄化槽管理者(所有者)は、毎年、和歌山県浄化槽取扱要綱に基づく回の保守点検をしなければなりません。
  • 保守点検は、県知事の登録を受けた保守点検業者に依頼して行ってください。

2.清掃(浄化槽法第10条)

  •  浄化槽内に生じた汚泥の引き抜き、装置等の洗浄などを行います。
  •  毎年1回以上の清掃を行わなければなりません。
  • 浄化槽の清掃は、市の許可をうけた清掃業者に依頼して行ってください。

3.法定検査(浄化槽法第7条、11条)

  • 浄化槽管理者(所有者)は、県知事が指定する検査機関(社団法人和歌山県水質保全センター)の行う法定検査を受けなければなりません。
  • 法定検査」とは、浄化槽の維持管理状況を点検する作業であり、外観検査(機能、外観の異常の有無)、水質検査(放流水質の検査)、書類検査(保守点検、清掃記録の有無および内容の確認)などを行います。
  • 1回目は浄化槽の使用開始後3か月を経過した日から5か月の間に(7条検査)、それ以降は毎年1回(11条検査)の検査を受けてください。
  • 検査手数料は下表のとおりです。
7条検査
人槽 5~10 11~50 51~500 501以上
合併処理浄化槽 12,000円 15,000円 20,000円 25,000円

 

11条検査
人槽 5~10 11~50 51~500 501以上
単独処理浄化槽 5,300円 6,000円 8,000円 10,000円
合併処理浄化槽 5,300円 8,000円 10,000円 12,000円
  • 検査の申込については、下記検査機関に直接申し込んでください。

 公益社団法人 和歌山県水質保全センター

 所在地:〒640-8032 和歌山市南大工町26番地

 電 話: 073-432-6433 FAX: 073-432-6534

  • 平成18年2月から、浄化槽法が改正されています。(罰則規定の追加)

 浄化槽管理者(所有者)が、法定検査を実施していない場合

  ↓海南市の改善勧告

 海南市の改善勧告に対し、正当な理由も無く、勧告に係る措置をとらない場合

  ↓海南市の改善命令 

 海南市の命令に違反した場合 → 30万円以下の過料(罰金)

 

 浄化槽管理者(所有者)が、その浄化槽の使用を廃止したとき

 

  ↓海南市に廃止の届出を行う       ↓届出をしない場合

 

 虚偽の届出をした場合 → → → → 5万円以下の過料(罰金)

浄化槽の管理に関する様式

浄化槽使用開始報告書(WORD:35.5KB)

浄化槽休止届(WORD:34.5KB)

浄化槽使用廃止届出書(WORD:35.5KB)

浄化槽管理者変更報告書(WORD:34.5KB)

お問い合わせ先
くらし部 環境課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8456
メール送信:kankyo@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ