現在の場所

犬を飼うにあたって

 犬を飼う場合は、飼い犬を狂犬病から守ると同時に、社会に対する責務として、狂犬病予防法に基づく飼い犬の登録と飼い犬に対する狂犬病予防注射の接種が義務づけられています。

飼い犬の登録

 生後91日以上の飼い犬は、登録を行わなければなりません。登録は犬の一生涯に1回です。
 海南市役所環境課もしくは海南市内の動物病院で申請を行い、鑑札の交付を受けてください。鑑札は、必ず飼い犬につけてください。
 登録には、登録手数料3,000円が必要です。
 飼い主が変わったとき、また、飼い主の住所が変わったときなど、登録事項に変更がある場合は、環境課(電話073-483-8456)までご連絡ください。

狂犬病予防注射の接種

 生後91日以上の飼い犬は、毎年狂犬病予防注射を受けなければなりません。動物病院または毎年4月に巡回で実施している集合注射で接種することができます。その際に、注射済票の交付を受けてください。
 鑑札と同様に、飼い主は注射済票を必ず飼い犬につけてください。海南市以外の動物病院で接種した場合は、その病院で発行された「狂犬病予防注射済証」を持参の上、環境課で済票の交付を受けてください。
 注射済票の交付には、交付手数料550円が必要です。

飼い犬が亡くなったとき

登録の抹消

 飼い犬が死亡した場合は、鑑札・狂犬病予防注射済票を添えて、死亡した旨を環境課まで届け出ください。

ペットの死体について

 飼い犬や猫などが死亡して自己で処理できない場合は、海南市クリーンセンターへご相談ください。(クリーンセンター 電話073-483-8448)
 海南市下津斎場では、ペットを火葬することができます。詳しくは、次のリンクから確認してください。

関連リンク

ペット(犬・猫など)の火葬手続きについて

お問い合わせ先
くらし部 環境課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8456
メール送信:kankyo@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ