現在の場所

(仮称)海南・紀美野風力発電事業 環境影響評価方法書の縦覧等と住民説明会について

環境影響評価方法書の縦覧等について

 合同会社NWE-03インベストメントが海南市などで、「(仮称)海南・紀美野風力発電事業を計画しています。風力発電事業に係る環境影響評価方法書を以下の通り縦覧し、ご意見を受け付けます。

 ●縦覧書類
    (仮称)海南・紀美野風力発電事業 環境影響評価方法書
 ●縦覧場所
    海南市役所環境課・野上支所・下津行政局
    ※和歌山県庁、紀美野町役場、紀の川市役所、
            有田川町役場などでも縦覧できます。
            縦覧場所や時間等は、各施設へ直接ご確認ください。
 ●縦覧期間
    平成30年2月14日(水曜日)~平成30年3月16日(金曜日)で、
    土日祝を除く平日午前8時30分~午後5時15分
 ●意見書
    縦覧場所に備え付けの意見書に氏名、住所及び意見をご記入のうえ、
   意見書箱にご投函ください。
    意見書の受付期間:平成30年2月14日(水曜日)~3月30日(金曜日)

 ※合同会社NWE-09インベストメントが紀の川市などで計画している
   「(仮称)紀の川風力発電事業 環境影響評価方法書」についても
   併せて縦覧しております。

 

◎事業の概要

事業の名称 (仮称)海南・紀美野風力発電事業
事業者

合同会社 NWE-03 インベストメント http://nwe-03-wind.co.jp
代表社員 日本風力エネルギー株式会社
       職務執行者 アタ゛ム・ヘ゛ルンハート゛・ハ゛リーン
東京都港区虎ノ門4丁目1番28号 虎ノ門タワース゛オフィス
電話:03-6452-9410 FAX:03-6452-9407

事業の内容 風力発電事業(陸上)
事業想定区域
の位置
海南市:約257.6ha、紀美野町:約196.7ha、有田川町:約722.7ha
事業の規模

発電所出力 最大54,000kw(4,500kw程度×15基程度)
※現段階の想定規模のため、単機出力、設置機数は
  変動する可能性あり

   ◆上記事業者のホームページでも方法書の縦覧は可能です。

環境影響評価方法書とは

                     ↑

              今回は方法書の手続きです。

 

 方法書とは、どのような項目について、どのような方法で環境アセスメントを実施していくのかという計画を示したものです。
 同じ道路を作る場合でも、自然が豊かな山間部を通る場合と、大気汚染の激しい都市部を通る場合とでは、環境アセスメントで評価する項目も違ってきます。
 地域に応じた環境アセスメントを行うことが必要であるため、環境アセスメントの方法を確定するに当たっては、地域の環境をよく知っている住民を含む一般の方々や、地方公共団体などの意見を聴く手続を設けています。この手続のことを、「スコーピング」と呼んでいます。
 事業者は方法書を作成し、環境アセスメントの項目や方法を確定するに当たっては、環境保全の見地からの意見を有する者や、地方公共団体などの意見を聴く手続を設けています。また、方法書の縦覧期間中には一般の方々などへの理解を推進するため、説明会が開催されます。
 環境アセスメントの方法を決定する段階で有益な環境情報や環境保全の見地からの意見を聴くことによって、その意見を評価の項目や方法などに柔軟に反映でき、また、地域の特性に合わせた環境アセスメントが行えるようになります。

スコーピングの手続
方法書の手続き

  1. 事業者は、環境アセスメントの進め方を記載した「環境影響評価方法書」(方法書)を作成し、都道府県知事、市町村長に送付します。
  2. 事業者は、方法書を作成したことを公表(公告といいます)し、地方公共団体の庁舎や事業者のウェブサイトなどで1ヶ月間、誰でも見られるようにしておきます(縦覧といいます)。
    また、縦覧の期間内で方法書の内容を説明する説明会を開催します。
  3. 方法書の内容について、意見のある人は誰でも環境保全の見地からの意見を意見書の提出により述べることができます。
  4. 事業者は、提出された意見の概要を都道府県知事と市町村長に送付します。
  5. 都道府県知事は、市町村長の意見を聴いた上で、環境保全の見地からの意見を有する者などから提出された意見に配意して事業者に意見を述べます。なお、対象事業により影響をうける地域が1つの政令で定める市に限られる場合は、市長が直接事業者に意見を述べることになります。
  6. 事業者が環境影響評価項目や方法を選定する際には、事業の免許等を行う者等(例えば、道路であれば国土交通大臣、発電所であれば経済産業大臣)は、環境大臣の意見を踏まえて環境の保全の見地から事業者に意見を述べます。

 

住民説明会について

 縦覧期間中には、事業者から住民の方々などへ方法書の内容を説明し、理解を推進するための「住民説明会」が行われます。海南市内では、下記の日時・場所で行われます。また、説明会はどなたでもご参加いただけます。

 ●開催日時
   平成30年3月14日(水曜日) 午後7時~
 ●開催場所
   海南市民交流センター

 ※紀美野町では、3月2日と3月9日、
   有田川町では、2月28日に住民説明会が行われます。
   開催時間や場所等は各町へお問い合わせください。

お問い合わせ先
くらし部 環境課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8456
メール送信:kankyo@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ