現在の場所

騒音・振動を伴う作業を実施するときは?

騒音・振動を伴う特定建設作業の届出について

 海南市内において、騒音規制法、振動規制法で定められた建設作業(特定建設作業)を実施する者は、騒音規制法、振動規制法および和歌山県公害防止条例の規定に基づき、届出をしなければなりません。
 現在定められている特定建設作業は次のとおりです。

特定建設作業
特定建設作業 騒音 振動
法令 県条例 法令 県条例
1 くい打機(もんけんを除く) 圧入式のもの    
アースオーガー併用のもの  
その他
2 くい抜機 油圧式のもの      
その他
3 くい打くい抜機(圧入式を除く)
4 びょう打機を使用する作業    
5 さく岩機を使用する作業
(1日の2地点間の移動距離が50メートルを超えないもの)
手持式のもの    
その他(ブレーカを含む)
6 空気圧縮機を使用する作業
(電動機以外の原動機を用いるもの、出力15キロワット以上でさく岩機を併用しないもの)
   
7 コンクリートプラント(混練容量0.45立方メートル以上のもの)を設けて行う作業    
8 アスファルトプラント
(混練重量200キログラム以上のもの)を設けて行う作業(モルタルを製造するためのものは除く)
   
9 バックホウを使用する作業
(出力が80キロワット以上のもので、環境大臣が指定する低騒音型建設機械を除く)
   
10 トラクターショベルを使用する作業
(出力が70キロワット以上のもので、環境大臣が指定する低騒音型建設機械を除く)
   
11 ブルドーザーを使用する作業
(出力が40キロワット以上のもので、環境大臣が指定する低騒音型建設機械を除く)
   
12 鋼球を使用して建築物その他の工作物を破壊する作業    
13 舗装版破砕機を使用する作業
(1日の2地点間の移動距離が50メートルを超えないもの)
   

 法令の列のみに○印が入っている特定建設作業

 次に掲げる地域で行う特定建設作業について、各法令に基づく届出をしてください。
  騒音:都市計画法に基づく都市計画区域のうち、用途の指定がある地域
  振動:都市計画法に基づく都市計画区域のうち、工業専用地域を除く用途地域
 また、作業を開始した日に終わる作業については、県条例に基づく届出をしてください。

県条例の列のみに○印が入っている特定建設作業

 海南市内で行うすべての特定建設作業について、県条例に基づく届出をしてください。

法令、県条例の列ともに○印が入っている特定建設作業

 騒音については、都市計画法に基づく都市計画区域のうち、用途の指定がある地域で行う特定建設作業は法令に基づく届出をしてください。

 振動については、工業専用地域を除く用途地域で行う特定建設作業は、法令に基づく届出をしてください。

 上記以外の地域で行う特定建設作業については県条例に基づく届出をしてください。

 また、作業を開始した日に終わる作業については、県条例に基づく届出をしてください。

 上記以外の作業についても、騒音等が発生すると考えられる場合は、近隣住民への影響を考慮し、作業内容、工程等について十分な説明をするとともに、工事に伴う苦情が発生しないように努めてください

  • 特定建設作業を開始する7日前までに届出を行なってください。
  • 提出部数は2部
  • 様式については、届出区分に応じて、下記からダウンロードしてください。 

ダウンロード 

騒音規制法に基づく届出(WORD:36.5KB)

振動規制法に基づく届出(WORD:36.5KB)

和歌山県公害防止条例に基づく届出(WORD:39KB)

お問い合わせ先
くらし部 環境課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8456
メール送信:kankyo@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ