現在の場所

風しんワクチン接種緊急助成事業について

 全国的に風しんが流行しています。妊娠中、特に妊娠初期に風しんにかかると生まれた子どもに先天性風しん症候群が現れることがあります。

 妊婦とその子どもを風しんから守るため、風しんワクチンの接種費用を助成します。


 : 海南市に住民票を有する方で、

1.妊娠を希望する19歳以上50歳未満の女性

2.妊婦の夫(母子健康手帳で確認します。)

対象期間 : 平成29年4月3日(月曜日)から平成30年3月31日(日曜日)までの接種分


助成内容 : 1人につき接種1回限り

        ◇海南海草協力医療機関(下方に掲載)で接種する場合は無料

        ◇海南海草協力医療機関以外で接種済みの場合は接種料金を助成
         (上限1万円)


申請方法

海南海草協力医療機関で接種する場合は、手続きのため接種前に健康課へお越しください。

手続きのうえ「接種券」を発行します。

申請時必要なもの
・印鑑
・妊婦の夫に該当する方は、母子健康手帳

 

※海南海草協力医療機関以外で接種済みの場合

接種料金のうち上限1万円までを助成します。健康課で手続きをお願いします。

申請時必要なもの
・印鑑
・領収書(予防接種を受けた方の氏名、接種日の記載が必要)
・風しんに係るワクチンを接種したことが分かる書類
(領収書にその旨の記載がある場合は不要)
・振込を希望する口座の通帳
・妊婦の夫に該当する方は、母子健康手帳

 


申請受付期間 : 平成29年4月3日(月曜日)~平成30年3月29日(金曜日)

申請受付場所 : 健康課(海南市日方1519-10 海南保健福祉センター内)


注意事項

妊娠している方、妊娠している可能性のある方は接種できません。また接種後2か月間は妊娠を避ける必要があります。

 

風しんワクチン接種医療機関(PDF:70.3KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
くらし部 健康課
〒642-0002
海南市日方1519番地10 海南保健福祉センター内
電話:073-483-8441
メール送信:kenko@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ