現在の場所

特定健康診査、人間ドック、脳ドックを受診しましょう

特定健康診査について

 40歳から74歳までの海南市国民健康保険加入者を対象に、特定健康診査を実施します。

 各種がん検診とセットで受診しても自己負担は無料ですので、年に一度の健康管理にぜひご活用ください。詳しくは、対象者に送付している「特定健康診査受診券」に同封のパンフレットをご覧ください。

 

人間ドック・脳ドックについて

 30歳から74歳までの海南市国民健康保険者を対象に、人間ドック・脳ドックの費用を助成します。
 特定健康診査を受診できない30歳代の人も、疾病の早期発見・早期治療にご利用ください。

対象者

 海南市国民健康保険に加入し、年度年齢30歳以上の人(日赤和歌山医療センターでの受診は40歳以上)

申込期間

 受診券到着日から10月31日まで(平日の午前8時30分から午後5時15分まで)
 ※医療機関の受け入れ状況により、受付を締め切る場合があります。

申込方法

 受診券到着後、郵送でお申し込みください。年度年齢30歳以上の方で、人間ドック・脳ドックを利用される方は健康課までご連絡ください。

 窓口で申し込みを希望する場合は、健康課(海南市役所内)、下津行政局、日方・野上支所、巽・亀川出張所の各窓口で受け付けます。

 ※同封している「平成30年度人間ドック・脳ドック受診申請書」に必要事項を記入のうえ、申請書に特定健康診査受診券を貼りお申込みください。

注意事項

 人間ドック、脳ドック、特定健康診査(40歳以上の人)のいずれか1回のみの受診となります。重複して受診した場合は、全額自己負担になりますのでご注意ください。

 市の承認を受けずに受診した場合、または受診する時点で海南市国保の資格が無くなった場合は、全額自己負担になります。

 通院治療中の人は、主治医に相談してください。

 脳血管疾患や脳腫瘍等のため、病院で定期的に経過観察中の方は、脳ドックの対象外となります。また、脳動脈クリップ、血管ステント、歯のインプラントや治療内容により、脳ドックを受診できない可能性があります(MRI画像に影響を及ぼす可能性有)。

 

人間ドック

◆主な検査項目
 尿検査、血液検査、心電図検査、便潜血反応検査、胸部レントゲン撮影
 胃部レントゲン撮影または胃内視鏡検査(胃カメラ)、眼底検査、腹部エコー検査など

◆受診医療機関名
 石本病院、おくクリニック、笠松病院、木村医院、恵友病院、さくらクリニック、橋本胃腸科、野上厚生総合病院、日赤和歌山医療センター、海南医療センター(定員:400名)

◆自己負担金
 3,000円(日赤和歌山医療センターにて胃内視鏡検査を希望される場合は、5,300円となります)

                                                                                                    

脳ドック

◆主な検査項目
 頭部MRI・MRA検査、頸部エコー検査、尿検査、血液検査、心電図検査など

◆受診医療機関名
 海南医療センター、恵友病院、成人病センター、日赤和歌山医療センター

◆自己負担金
 海南医療センター、恵友病院、成人病センター 6,000円
 日赤和歌山医療センター 8,000円

 

お問い合わせ先
くらし部 健康課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8441
メール送信:kenko@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ