現在の場所

風しんの追加的対策(風しんの第5期定期接種)について

平成31年2月1日付で予防接種法施行令等の一部が改正され、令和4年3月31日までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれの男性が風しんに係る定期予防接種の対象者として追加されました。

風しん第5期定期接種を受けるには、まずは風しん抗体検査を受け、十分な抗体価がないことを確認する必要があります。

ワクチンの安定的な供給などのため、今年度は、昭和41年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性に、無料で抗体検査・予防接種を受けられるクーポン券を発送します。

ただし、令和元年度にクーポンを発送した対象者(昭和47年4月2日から昭和54年4月1日)のうち抗体検査未実施、または抗体検査陰性であったが予防接種をしていない方には期限を1年延長したクーポンを発送します。

クーポン券が届いた人は、直接協力医療機関へお申込みいただき、クーポン券を持参のうえ、抗体検査及び予防接種を受けてください。なお、事業所健診や特定健診で抗体検査を実施している場合があります。実施の可否は、各健診医療機関にお問い合わせください。

風しん抗体検査の対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

※上記対象者のうち今年度のクーポン券対象者(昭和41年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性)以外で抗体検査・予防接種を希望する人は、随時クーポン券を発送いたしますので、健康課までお問い合わせください。

風しん第5期予防接種の対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性で、風しん抗体検査の結果、十分な抗体価がない者

「十分な抗体価がない者」とは、風しん抗体検査の結果がHI法8倍以下もしくはそれに準ずる抗体価であった方です。

平成26年4月以降に抗体検査を受け、その検査結果の書類を医療機関にご持参いただくことで、抗体検査を受けずに予防接種を受けることができる場合があります。

予防接種は麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を使用します。

風しん抗体検査および予防接種の受け方

届いたクーポンを利用し、全国の委託医療機関で抗体検査・予防接種を受けることが可能です。

費用は無料です。

抗体検査・予防接種を受けられる医療機関のリストは厚生労働省ホームページに掲載されています。

 

風しん 厚生労働省ホームページ

お知らせ

ページの先頭へ