現在の場所

空家の解体で困っていませんか?(老朽危険空家除却工事補助事業)

平成29年度の「老朽危険空家除却工事補助事業」を募集します

 適切な管理を行わずに空家を放置してしまうと、様々な問題が発生します。

 空家の解体費用でお困りの方は、補助金を活用してお悩みを解消しませんか。

 

※ 現在も随時募集中です。詳しくは、都市整備課までお問い合わせください。


1.補助対象金額

   空家の除却(解体、撤去)工事費の3分の2 上限60万円  (※千円未満の端数は切り捨て)

  ※延べ面積が約25平方メートルを下回る場合は、補助の上限が60万円未満となる場合があります。

 

2.補助対象建築物(以下のすべての要件を満たすもの)

    1.市で定める不良度判定基準で、老朽危険空家の認定を受けた建築物 ※1

  2.居住しなくなった日から1年以上経過している市内の建築物

  3.居住用の建築物、または延べ面積の2分の1以上が居住用の建築物であったこと

  ※1 対象となる建築物は、傾いていたり、屋根や壁に穴が空いているなど、周辺に危害を及ぼして
         いる、または及ぼす可能性があるものに限ります。
            市が基準に基づく調査を行い、老朽危険空家の認定判断をします。詳しくは、都市整備課まで
         お問い合わせください。 

 

3.補助対象者 (以下のすべての要件を満たすこと)

  1.老朽危険空家の所有者、またはその相続人であること

  2.平成28年中の世帯員全員の所得金額の合計が月額214,000円を超えないこと 

  3.世帯員に市税を滞納している方がいないこと

  4.世帯員に暴力団員、または暴力団関係者に該当する方がいないこと

  ※2 公営住宅入居資格者収入基準の計算方法(公営住宅法施行令)によります。詳しくは、
      都市 整備課までお問い合わせください。

 

4.補助対象工事 (以下のすべての要件を満たす工事)

  1.老朽危険空家のすべてを除却する工事(解体及び撤去にかかる費用)
       ※工作物(門や塀など)の除却や動産の移転、または処分は対象外

     2.建設業法の許可、または建設リサイクル法の登録を受けている業者が施工する工事

   3.平成30年2月28日までに完了報告ができる工事

 

5.その他留意事項

  工事は、補助金交付申請後、市から「補助金交付決定通知書」が届いた後に着工してください。補助金の交付決定前に着工した場合、補助の対象となりませんのでご注意ください。
 

 

 

平成29年度老朽危険空家除却工事補助金事前申込書(PDF:133.1KB)

平成29年度老朽危険空家除却工事補助金事前申込書記入例(注釈付)(PDF:124.8KB)

 老朽危険空家認定申請(抽選後の認定申請)に必要な書類は、以下よりダウンロードしていただけます。

平成29年度老朽危険空家除却工事補助事業認定申請書(PDF:110.9KB)

平成29年度老朽危険空家除却工事補助事業認定申請書記入例(注釈付)(PDF:137.5KB)

工事写真台紙(WORD:17.5KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
まちづくり部 都市整備課
〒642-8501
海南市日方1525番地6
電話:073-483-8480
ファックス:073-483-8483
メール送信:toshiseibi@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ