現在の場所

イベントでの火気器具等の取扱いについて

 平成25年8月15日に京都府内の花火大会会場において、火災事故が発生し、多くの死傷者が発生しました。これは、露天商のガソリンの不適切な取扱いが原因と言われています。

 夏祭り・秋祭り等の多数の市民が参加する行事において火災が発生すると被害が甚大となる恐れがあります。特に、火気を使用する露店等における防火安全対策が極めて重要であり、使用する火気の中でも、ガソリンなどの危険物やLPガスの取扱いには細心の注意が必要です。

露店・模擬店出店時は、下記の事に注意してください。

火気器具(ガスコンロ等)を使用する模擬店・露店等への留意事項

1.消火器を設置する。

2.ガス漏れを防ぐため、ゴムホース等は器具との接続部分をホースバンド等で締め付

  けるとともに、適正な長さで取り付け、ひび割れ等の劣化がないか点検すること。

3. ガス燃焼中は、火を消すまで目を離さないようにする。

4. プロパンガスボンベ(10kg以上)は、ガス燃焼火炎から安全な距離をとり、直射日光

  の当らない通気性の良い平らな場所に置き、転倒しないように鎖等で固定すること。

5. もしガスが漏れたらあわてずにコンロなどの器具の火、周囲の火を消す。

ガス容器及びガスコンロの栓を閉める。風上に避難し、異常があればプロパンガス

販売店、消防署に連絡して下さい。

 

 発電機を使用する模擬店・露店等への留意事項

1.消火器を設置する。

2.ガソリン型発電機の燃料の保管は、金属製のガソリン携行缶が義務付けられてい

  ます。

3.必ず発電機のエンジンを切ってから燃料補給を行う。

4.発電機の付近は火気に注意する。

5.柔らかい場所で設置する際は、動いたり、傾いたりしないよう水平に設置する。

  また、雨中、湿った場所などでの使用時は感電の危険性が大である。

6.発電機の排気ガスは有毒性ガスが含まれているため注意し、屋内での使用は控え

  るようにする。

7.エンジンをスムーズに動かすためオイルの点検を行うこと。 

大変危険なガソリン

ガソリンの特性

・気温が-40℃でも気化し、小さな火源でも爆発的に燃焼する危険性がある。

・気化ガスは空気より重いので、可燃性ガスが広範囲に滞留する。

・流動の際に静電気が蓄積しやすい。

ガソリン携行缶を使用する場合は、下記に注意してください。

1.静電気によるガソリンへの着火を防止するため金属製携行缶で貯蔵するとともに地

  面に直接置くなど、静電気の蓄積を防ぐ必要がある。また樹脂製容器はガソリン貯

  蔵には適さない。

2.ガソリンの貯蔵や取扱いを行う場所は火気厳禁で、直射日光の当たらない通風、換

  気の良い場所とする。夏期においてはガソリン蒸気圧が高くなる可能性に留意す

  る。また消火器を必ず準備する。

3.取扱いの際には開口前の圧力調整弁の操作等、取扱説明書等に書かれた容器の

  操作方法に従い、こぼれ・あふれ等がないよう細心の注意を払うこと。流出した場

  合、少量であっても回収・除去を行い、衣服に付いた場合は大量の水と石鹸で洗い

  流す。

4.ガソリン使用機器の取扱説明書等に記載された安全上の留意事項を厳守し、特に

  エンジン稼働中の給油は絶対に行わない。

ガソリン携行缶の正しい使い方(PDF:1.1MB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
消防本部予防課
〒642-0002
海南市日方1294番地13
電話:073-483-8711
メール送信:syoboyobou@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ