現在の場所

行政事業レビュー(事業仕分け)の実施について

行政事業レビュー(事業仕分け)とは?

 誰もが傍聴できるよう全面公開の場において、市の事業について、「そもそも必要なのか、誰が行うべきか、無駄がないか」などを議論・検証する試みです。
 外部識者や行政の現場経験者等で構成する「仕分け人」と、市職員が議論を交わします。そして、「市民判定人」がその議論を聴いたうえで、改善の必要性や、事業そのものの必要性などを判定する仕組みです。
 また、この取り組みは、市職員と仕分け人、市民の皆さんが個々の事業の課題を共有し、ともに解決策を考える場でもあります。

一般社団法人「構想日本」にご協力いただき実施します

 一般社団法人構想日本とは、非営利の政策シンクタンクで、行財政改革などについて、様々な提案を行うとともに、提案した政策の実現に向けた実践活動に取り組んでいる団体です。
 「事業仕分け」を2002年に開発し、これまで100以上の自治体で200回以上の事業仕分けに携わっており、自治体の行財政改革の取組みに貢献しています。
 今回、一般社団法人構想日本に仕分け人として参画いただき、議論を進めます。

お問い合わせ先
総務部 企画財政課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8405
ファックス:073-482-0099
メール:kikakuzaisei@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ