現在の場所

市民判定人研修を実施しました

 市では、8月25日(土曜日)、26日(日曜日)の2日間、行政事業を実施します。

 このたび、事前研修として、市民判定人としてご参加いただく皆様にお越しいただき、7月22日(日曜日)に研修会を開催しました。

研修会の様子

「市民判定人」とは

 仕分人と説明者(市職員)との質疑応答や議論をお聴きいただき、事業の必要性や実施主体の適切性、改善の要・不要等の判定をしていただく方です。(原則、議論には参加しません)

 今回、市では無作為抽出により市民の皆さん2,000名に対して「市民判定人」の募集案内を送付し、74名の方から申し込みをいただきました。

 さらに、県立海南高等学校に依頼し、8名の生徒の皆さんにもご参加いただけることとなり、計82名の方に「市民判定人」を担っていただきます。

研修会の概要

 今回の研修では、(一社)構想日本の伊藤総括ディレクターにお越しいただき、行政事業レビューの概要や、市民判定人の役割等についてご講演いただきました。

 その後、「まちづくりイベント事業」を対象とした模擬仕分けを開催し、出席された69名に、本番当日と同様に「不要・凍結」「国・県・広域が実施」「本市が実施(要改善)」「本市が実施(事業内容は現行どおり又は拡充)」の4択で判定を行っていただき、結果は「要改善」となりました。

        模擬仕分判定結果

 また、判定を行うための評価シートに、模擬仕分けに対する意見を記載いただきました。主な意見は、以下のPDFファイルでご確認ください。

 

市民判定人向け研修資料(構想日本)(PDF:1.7MB)

事業シート・補足資料(まちづくりイベント事業)(PDF:540.2KB)

市民判定人の主な意見(PDF:196.8KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
総務部 企画財政課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8405
ファックス:073-482-0099
メール:kikakuzaisei@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ