現在の場所

指定管理者制度

 指定管理者制度とは、公の施設の管理に民間の能力やノウハウを幅広く活用し、市民サービスの向上や行政コストの縮減を図ることなどを目的に、地方自治法が改正(平成15年9月施行)され、それまでの「管理委託制度」に代わり、創設された制度です。
指定管理者制度が創設されるまでは、地方自治体が公の施設の管理を委託できるのは、自治体が出資する法人(公社、財団)や公共的団体(社会福祉法人等)などに限定されていましたが、指定管理者制度では、これに加え民間企業などにも範囲が拡大されました。さらに、指定管理者制度では、施設の使用許可などの処分に該当する業務についても、指定管理者に行わせることができるようになりました。

 海南市指定管理者制度運用指針 (PDF:406.4KB)

 

平成26年度~平成30年度

 導入施設 (PDF:83.7KB)

 指定管理者の選定

 平成27年度 総合評価一覧 (PDF:89.4KB)

平成21年度~平成25年度

 導入施設 (PDF:127.7KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ