現在の場所

「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」について

 災害が発生し、または発生する恐れがある場合において、避難に関する情報として「【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始」、「【警戒レベル4】避難勧告」、「【警戒レベル4】避難指示(緊急)」、「【警戒レベル5】災害発生情報」を発令します。
 それぞれの違いをご理解いただき、自らの身の安全を守ってください。

【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始

 洪水など避難が必要になると予想されるとき、市民の皆さまが速やかに避難できるように準備を促すものです。
 テレビ、ラジオなどから災害情報を入手し、非常用持出品(食糧や水、懐中電灯、持病の薬やタオルなど)の準備をしましょう。
 高齢者、障害者、妊婦、乳幼児など、避難に時間がかかる人にとっては、避難所など安全な場所への自主避難を開始する目安となります。

【警戒レベル4】避難勧告

 災害による被害が予想される市民の皆さまに対し、避難所など安全な場所への避難を勧めるために発令するものです。
 隣近所で声をかけて、助け合って避難しましょう。
 避難する時は、火の始末や戸締りをし、非常用持出品(食糧や水、懐中電灯、持病の薬やタオルなど)を持参して避難しましょう。
 大雨などの場合は、浸水等により避難に際し危険が伴うことがあります。自宅の2階以上や場合によっては屋上、また、周辺の安全な高い建物などへの垂直避難も考えておきましょう。

【警戒レベル4】避難指示(緊急)

 災害等により、市民の皆さまに被害が発生する危険性が非常に高まった場合に、避難勧告よりも強く避難を促すものです。
 ただちに安全な場所へ避難してください。

【警戒レベル5】災害発生情報

 災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令します。
 すでに災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動をとってください。

日ごろから危険を回避する安全な場所を決めておきましょう

 自宅で危険が回避できない場合は、家族や自主防災会、自治会等で取り決めた危険回避場所、安全区域にある親族や友人宅など安全が確保できる場所へ避難してください。
 市においても、災害の特性に応じた避難所を開設します。
 自宅で危険が回避できる場合は、自宅内の安全な場所へ移動することで避難につながります。

避難するときは忘れずに

 避難する際は、落ち着いて行動してください。
 また、避難所には大地震などの大規模災害に備えた物資を備蓄していますが、避難の際には、非常持出品(食糧や水、懐中電灯、持病の薬、タオルなど)をご持参ください。

関連リンク

水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります

大雨や台風時の避難所(避難場所)の開設について

内閣府ホームページ「避難勧告等に関するガイドラインの改定」 (外部サイト)

お問い合わせ先
総務部 危機管理課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8406
ファックス:073-483-8483
メール送信:kikikanri@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ