現在の場所

平成30年7月1日(日) 午前9時 市民みんなで訓練!

平成30年度 海南市防災訓練

海南市防災訓練

海南市防災訓練チラシ(PDF:4.5MB)

日時

 平成30年7月1日(日曜日) 午前9時~ ※雨天決行

対象者

 黒江・船尾、大崎(丁、方北、方南、女良)、下津(東、新田、西)地区を除く全市民、市内の施設、事業所など

対象地区

 黒江・船尾、大崎(丁、方北、方南、女良)、下津(東、新田、西)地区を除く市内全域

※黒江・船尾地区は11月11日に防災訓練を、大崎地区(丁、方北、方南、女良)および下津地区(東、新田、西)は9月9日に重点地区防災訓練をそれぞれ実施するため、今回の防災訓練は対象外となります。

訓練想定

 7月1日(日曜日)午前9時、南海トラフ巨大地震発生
 マグニチュード9.1、大津波警報発表

訓練内容

 市内一斉訓練
 (午前9時頃、防災行政無線のアナウンス、訓練メール着信により訓練開始)

訓練1 身を守る安全行動 【市内全域対象】

 3つの安全行動を実施!

  1. 姿勢を低く! 
  2. 体・頭を守って!
  3. 揺れがおさまるまでじっとして!

訓練1

訓練2 津波避難訓練 【沿岸部対象】

  1. 「非常持ち出し品」を持ち出す
  2. ご近所で声かけ
  3. 津波避難場所、津波緊急避難ビルなどに避難

※避難後は、自治会・自主防災組織、施設、事業所で協力し、安否確認をしましょう。
  (地区では、避難場所ごとに避難者の安否確認をし、その結果をとりまとめ、会長に報告しましょう。)

訓練2 安否確認訓練 【内陸部対象】

 揺れがおさまったら、地域、施設、事業所で安否確認を実施。

※身の安全を確保した後、自治会・自主防災組織、施設、事業所で協力し、安否確認をしましょう。
  (地区では、班長を中心に班員の安否確認をし、その結果をとりまとめ、会長に報告しましょう。)

※地区、施設、事業所などの独自の訓練は、一斉訓練に引き続き実施してください。

訓練情報発信ツール

防災行政無線放送

(放送内容)

  • 午前9時頃 防災訓練開始のアナウンス  【市内全域】
  • 午前9時2分頃 大津波警報発表(サイレン音あり)  【市内全域】
  • 午前9時12分頃 大津波警報、緊急避難(サイレン音あり)  【沿岸部のみ】
  • 午前9時22分頃 大津波警報、緊急避難(サイレン音あり)  【沿岸部のみ】
  • 午前9時32分頃 津波来襲、緊急避難(サイレン音あり)  【沿岸部のみ】
  • 午前9時50分頃 防災訓練終了のアナウンス  【市内全域】

エリアメール(NTT‐docomo)、緊急速報メール(au、SoftBank)の配信

 午前9時頃、配信予定
 (和歌山県の協力のもと、「訓練メール」を市内全域の携帯電話へ一斉に配信します。)

※エリアメール、緊急速報メールは、事前登録の必要はありません。ただし、携帯会社や機種、設定により届かない場合がありますので、事前に携帯電話販売店などにご確認ください。
※マナーモードに設定している場合でも、強制的にアラーム音が鳴動する場合があります。会議・式典等で携帯電話が鳴ってはいけない場所では、 あらかじめ電源を切っておくようお願いします。

訓練中止の場合について

 訓練当日の午前7時の段階で、本市域において次のいずれかに該当した場合は原則、訓練を中止します。なお、中止を決定した場合は、訓練当日の午前7時にホームページ、海南市メール配信サービス、防災行政無線でお知らせします。

  1. 大雨・暴風・洪水・高潮の警報が発表された場合
  2. 震度4以上の地震が発生した場合
  3. 和歌山県に津波注意報以上が発表された場合
  4. 訓練参加者の安全に支障があると判断する事故、気象等が発生した場合

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
総務部 危機管理課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8406
ファックス:073-483-8483
メール送信:kikikanri@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ