現在の場所

令和2年11月15日 午前9時 全員参加!シェイクアウト訓練

令和2年度 海南市地震・津波防災訓練

海南市地震津波防災訓練ポスター

海南市地震・津波防災訓練チラシ(PDF:437.8KB)

主催

 海南市、和歌山県、内閣府

実施日時

  令和2年11月15日(日曜日) 午前9時から ※雨天決行

実施場所

 それぞれの自宅、事業所など

対象者

 全市民、市内の事業所など

訓練内容

 午前9時頃、防災行政無線放送(緊急地震速報)、訓練メール着信により訓練開始。

訓練1 シェイクアウト訓練【全地域対象】

 3つの安全確保行動を実施!訓練では1分を目処に行ってください。
 (南海トラフ地震では数分間にわたり揺れが続く可能性があります。)

 1.まず低く
 2.頭を守り
 3.動かない

訓練2 自宅・事業所内で非常持出品・備蓄品などを確認【全地域対象】

  • 自宅・事業所内や周辺の危険箇所の確認。
  • 家具類の転倒防止策の検討。
  • 避難場所及び家族の連絡方法の確認。

訓練3 安否確認訓練【内陸部、沿岸部(津波浸水区域外の地域)のみ対象】

 自治会・自主防災組織、事業所で協力して安否確認をしましょう。

注意事項

  • 今年度は新型コロナウイルス感染症予防のため、市内一斉の津波避難訓練は実施しません。
  • 地区、事業所などの独自の訓練は、感染症予防対策を十分に講じたうえで、実施してください。
  • 気象警報などにより中止となる場合があります。

訓練情報発信ツール

 防災行政無線放送

(訓練当日の放送内容)

  • 午前8時55分頃  防災訓練実施の事前アナウンス
  • 午前9時00分頃  緊急地震速報(チャイム音あり)
                大津波警報発表(サイレン音あり)
  • 午前9時15分頃  防災訓練終了のアナウンス

エリアメール(NTT DOCOMO)、緊急速報メール(au、SoftBank)の配信

 午前9時頃、配信予定
 (和歌山県から「訓練メール」を市内全域の携帯電話へ一斉に配信します。)

エリアメール、緊急速報メールの配信

(注意事項)

  • エリアメール、緊急速報メールは、事前登録の必要はありません。ただし、携帯電話や機種、設定により届かない場合がありますので、事前に携帯電話販売店などにご確認ください。
  • マナーモードに設定している場合でも、強制的にアラーム音が鳴動する場合があります。会議・式典等で携帯電話が鳴ってはいけない場所では、あらかじめ電源を切っておくようお願いします。

訓練中止の場合について

 訓練当日の午前7時の段階で、本市域において次のいずれかに該当した場合は、原則、訓練を中止します。
 なお、中止を決定した場合は、訓練当日の午前7時にホームページ、メール配信サービス、防災行政無線でお知らせします。

  1. 大雨・暴風・洪水・高潮のいずれかの警報が発表された場合
  2. 震度4以上の地震が発生した場合
  3. 和歌山県に津波注意報以上が発表された場合
  4. その他、訓練参加者の安全に支障があると判断する事故、気象などが発生した場合

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
総務部 危機管理課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8406
ファックス:073-483-8483
メール送信:kikikanri@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ