現在の場所

平成28年12月から衣類の「取扱い表示」が変わります

 近年、衣料などの生産や流通は海外との取引が一般的になっています。また、家庭洗濯で使用する洗濯機や洗剤類は多様化し、商業クリーニングの技術も進歩するなど繊維製品を取り巻く環境は大きく変化しました。

 これに伴い、消費者庁は平成27年3月31日に衣料品の「取扱い表示」に関する繊維製品品質表示規程を改正し、平成28年12月1日から施行することとしました。

 新しい「取扱い表示記号」は、国際規格(ISO 3758)の表示記号と同じ記号を用いています。国内外で表示が統一されることによって、消費者にとっては衣料などを購入する際の利便性が高まると期待されています。

消費者庁ホームページ 新しい洗濯表示のページ

政府インターネットテレビ おすすめ動画のページ

ページの先頭へ