現在の場所

職員による不祥事の発生とお詫びについて

市職員によるPTA資金の私的流用事件について

  このたび、海南市職員によるPTA資金の私的流用の事実が判明しました。

 この職員は、海南下津高等学校の事務長として勤務していた際に、管理を担当していたPTA資金の定期預金を無断で解約し、その一部を現金で保管しながら私的に流用を行っていました。その後、当該職員が平成28年4月に異動したことにより、引継を受けた後任の事務長がPTA資金に係る事務処理に不審な点があることに気づき、事実を確認したところ、6,804,817円を私的に流用していた事実が明らかになりました。

 市は、当該職員を地方公務員法に基づき、本日付で懲戒免職処分にするとともに、関係職員についても管理監督責任等を問い、厳正に処分いたしました。

 なお、被害金額は、すでに本人より全額が返還されており、懲戒免職という社会的に厳しい処分を受けていることを考慮し、刑事告訴は行わないことといたしました。

 このような不祥事を起こしてしまったことは、誠に遺憾で、責任を痛感するとともに、市民の皆様に深くお詫び申し上げます。

  今後、徹底した再発防止策を講じることは申し上げるまでもなく、職員には綱紀粛正を今一度徹底し、職員一同襟を正して職務に当たり、市民の皆様の信頼回復に全力で努めてまいります。

  平成29年3月13日

                                    海南市長 神 出 政 巳    

臨時記者会見(平成29年3月13日)

 市では、平成29年3月13日午後2時20分から、市役所5階第四委員会室において臨時記者会見を開催し、報道機関へ発表しました。

臨時記者会見発表資料(PDF:139.3KB)

問い合わせ

事件概要について

 教育委員会学校教育課 電話番号:073-492-3348

処分内容について

 総務部総務課 電話番号:073-483-8590

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

職員による不祥事の発生とお詫びについて

ページの先頭へ