現在の場所

春日神社

春日神社

祭神は、天押帯日子命(あめのおしたらしひこのみこと)で、ご鎮座の年代は定かではないが、すでに奈良時代には創建されていたと考えられます。元弘2年(1332)大塔宮護良親王が熊野へおしのびの時、当社へお立ち寄りになり、地元の豪族10人(大野十番頭)が親王を神殿にお隠しになり、今も神殿の1つは空位であるといいます。

神社周辺の「春日の森」は、平成9年市の天然記念物に指定され、また近くには熊野九十九王子の一つ 松代(まつしろ)王子跡があります。

毎年正月には、書初会が行われています。 

所在地

海南市大野中1056番地

電話番号

073-483-7547

駐車場

有り(無料)

ルート

JR海南駅から10分
大十オレンジバス「大野中」下車、徒歩約5分

お問い合わせ先
教育委員会 生涯学習課 文化振興係
〒649-0121
海南市下津町丸田217番地1
電話:073-492-0143
メール:syogai@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ