現在の場所

日用家庭用品

圧倒的シェアを誇る海南の日用家庭用品産業

日用家庭用品

トイレ、バス、キッチン用品などを生産する家庭用品産業は、現在海南市を代表する地場産業となっており、特に水まわり品は全国一のシェアをほこり、海南市のみならず和歌山県を代表する地場産業の一つとなっています。
もともとは「シュロ産業」として、シュロを材料とした和雑貨が野上谷を中心に古くから作られていました。

この地でのシュロ栽培の歴史は古く、弘法大師がその栽培の始祖という説も伝えられています。江戸時代にはすでにシュロ製品の生産が行われており、縄、網、ホウキ、たわしなど、数多くの製品が作られていました。

昭和期に入ると、さらに加工業が発達し、材料もシュロから椰子の実の繊維へ、そして近年ではビニロン、発泡ポリエチレンなどの新素材が開発され、時代とともにその内容も少しづつ変化を遂げてきました。デザインの工夫、使い易さの工夫など、時代の変化に人々の暮らしに家族のように愛され続けてきた海南市の家庭用品の数々。現在では、さらに生活にマッチするような商品開発などにも積極的に取り組み、幅広いインテリア用品産業として大きく成長を遂げています。

お問い合わせ

海南特産家庭用品協同組合
073-483-6070

海南特産家庭用品協同組合

お問い合わせ先
まちづくり部 産業振興課 商工観光係
〒642-8501
海南市日方1525番地6
電話:073-483-8460
ファックス:073-483-8466
メール送信:sangyosinko@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ