現在の場所

紀州漆器

紀州漆器

使われてこそ、ひときわの美しさを醸しだす紀州漆器

会津(福島県)、越前(福井県)、山中(石川県)とともに、わが国の四大漆器産地のひとつに数えられる紀州漆器は、海南市の北西部「黒江地区」を中心に生産されています。
その起源は、室町時代ともいわれており、江戸時代の初期には渋地椀を中心とする産地として知られていました。

さらに江戸時代中期には紀州藩の保護のもと発展の基礎を確立。堅地板物の成功や蒔絵による加飾の導入などで、その地位を不動のものにしました。昭和53年には通産省から「伝統的工芸品」の指定を受け、和歌山を代表する伝統産業となっています。

製造品出荷額

年間約46億円

企業数

154社 (平成24年3月末)

紀州漆器

紀州漆器

関連リンク

紀州漆器協同組合

お問い合わせ先
まちづくり部 産業振興課 商工観光係
〒642-8501
海南市日方1525番地6
電話:073-483-8460
ファックス:073-483-8466
メール送信:sangyosinko@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ