現在の場所

自主防災組織の活動に参加しましょう!

 近い将来発生が予想される東海地震・東南海地震・南海地震といった大規模地震や、風水害などの大規模災害に対しては、行政の力だけでは住民の方を避難させたり、救出することはできません。

 自主防災組織は、地域住民が協力・連携し、災害から「自分たちの地域は自分たちで守る」ために活動することを目的に結成する組織です。

 自主防災組織は、平常時は災害の発生に備えて訓練や資機材の整備を行っており、また、災害発生時には避難誘導、救助・救出、避難所運営の補助などを行います。

 いざという時、最も身近にいるのは家族やご近所の方々です。身近な自主防災組織の活動に参加し、地域の力で災害に備えましょう。

自主防災組織に対する助成

 自主防災組織には、設立時や毎年の活動に対し、市からの補助があります。

【設立時における資機材等の整備に要した経費】

○対象となる経費

 資機材等の保管庫の購入費や、資機材の購入費など

○補助限度額

 50,000円+300円×世帯数 ※組織結成後1回のみ

【防災訓練や研修等に要した経費】

○対象となる経費

 自主防災組織で消火訓練、応急手当訓練等の各種訓練などの費用

○補助限度額 ※年度内1回のみ

 上限10,000円(100世帯未満)

 上限20,000円(100世帯以上200世帯未満)

 上限30,000円(200世帯以上)

 ※複数の自主防災会で実施する場合は危機管理課までお問合せください。

【資機材の購入または更新に要した経費】

1.基本的な資機材購入または更新に要した経費

○対象となる経費

 自主防災組織を運営していくために必要となる資機材等の購入費など

○補助限度額

 資機材等の購入費用の1/2を補助(上限10万円) ※年度内1回のみ

 

2.要配慮者の避難支援に係る資機材の整備に要した経費

○対象となる経費

 災害時の要配慮者(高齢者、障害者、乳幼児など)の避難支援のための資機材の購入費

○補助限度額

 資機材等の購入費の2/3を補助(上限10万円) ※年度内1回のみ

 

3.津波により孤立する避難場所への資機材の整備に要した経費

○対象となる経費

 市が指定する津波避難場所のうち、孤立する恐れがある避難場所への資機材の購入費など

○補助限度額

 資機材等の購入費用の4/5を補助(上限20万円) ※組織結成後1回のみ

【地域の防災活動に要した経費】

○対象となる経費

 地域の防災マップ等の作成費用や避難場所等の整備に要する費用

○補助限度額

 作成費用等の1/2(上限10万円) ※年度内1回のみ

【防災士の育成に要した経費】

○対象となる経費

 和歌山県が実施する防災士の養成講座を修了し、資格認定登録をした者に係る費用(教本代金、防災士資格取得試験受験料、防災士認定登録料)

○補助限度額

 防災士の育成に要した経費

補助金申請様式等(WORD:383KB)

相手先登録申請書(EXCEL:20.8KB)

海南市在住防災士登録用紙(EXCEL:31.5KB)

お問い合わせ先
総務部 危機管理課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8406
ファックス:073-482-0099
メール送信:kikikanri@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ