現在の場所
  • ホーム
  • くらし
  • 福祉
  • 「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」のシンボルマーク決定

「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」のシンボルマーク決定

 認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指し、認知症に対する市民の方々の理解をより深めるためにシンボルマークを作成することとし、平成22年7月5日から8月20日まで公募を行いました。

 「海南市認知症地域支援体制構築推進委員会」において審査した結果、大阪府大阪市の塩崎えいいちさんからいただきましたマークを「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」シンボルマークに決定しました。

 制作コンセプト…海南市のひらがなの頭文字である「か」をモチーフにして、地域の人々が認知症のお年寄りをサポートする姿をシンボルマークにしました。

シンボルマーク

お問い合わせ先
くらし部 高齢介護課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8762
ファックス:073-483-8769
メール送信:korei@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ