現在の場所

障害年金の初診日について

障害年金の初診日を確認する方法が広がります

 障害年金の請求については、受給要件を満たしているか確認するために、初診日を明らかにすることができる書類(診断書等の医療機関の証明)の添付が必要ですが、平成27年10月1日からは、省令が改正され、初診日を証明する書類が添付できない場合であっても、初診日を合理的に推定できるような一定の書類により、本人が申し立てた日を初診日と認めることができるようになりました。

 ※初診日とは、障害の原因となった病気やけがについて、初めて医師等の診療を受けた日をいい、その医療機関による初診日を証明する書類の添付を求めています。

初診日確認の新たな取り扱い

 第三者証明について

 20歳以降に初診日がある障害年金についても、第三者(隣人、友人、民生委員など)が証明する書類を添付することができます。この第三者証明とともに本人申立ての初診日について参考となる他の資料があわせて提出された場合には、審査の上、本人の申し立てた初診日が認められます。

 

 初診日が一定の期間内にあると確認できる場合の取り扱いについて

 初診日が一定の期間内にあると確認された場合で、当該期間について、継続して障害年金を受けるための保険料納付要件を満たしているときは、審査の上、本人の申し立てた初診日が認められます。

 

 その他

 初診日確認のための診察券や健診日等の取り扱いを見直しました。

 

 再申請について

 過去、障害年金の請求が初診日不明により却下とされたケースについても、平成27年10月1日以降、再申請された場合には、初診日確認の新たな取り扱いに基づいて審査します。

 詳しくは、下記リンクをご覧ください。

障害年金の初診日を確認する方法が広がります

お問い合わせ先

 西年金事務所(電話073-447-1660)

 海南市役所保険年金課(電話073-483-8451)

お問い合わせ先
くらし部 保険年金課 保険年金係
電話:073-483-8436
ファックス:073-483-8449
メール送信:hoken@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ