現在の場所

母子保健に関すること

子育て世代包括支援センター「なないろ」

妊娠・出産・子育てについてのなんでも相談窓口として、子育て世代包括支援センターを開設しました。                                           母子健康手帳交付時に、助産師や保健師が面接をさせていただき、情報提供とともに妊娠中から子育て期までの相談に対応することで、妊産婦が安心して子供を産み育てる環境づくりやきめ細かい支援を実施していきます。

妊娠届

 医療機関で妊娠していることが判明した場合は、なるべく早く妊娠届を提出し、母子健康手帳と妊婦健康診査受診票の交付を受けましょう。

母子健康手帳・妊婦健康診査受診票の交付

 母子健康手帳は、妊娠・出産に伴う母親と子どもの健康を守るためにつくられたものです。子どもの成長を記録するとともに健康診断や予防接種のときも忘れずにお持ちください。                                           妊婦健康診査受診票を利用すると、和歌山県内の医療機関で所定項目の検査を無料で受診することができます。

交付の窓口は、子育て世代包括支援センター(健康課内)です。

マタニティスクール-未来のお父さんお母さん-

 妊娠届を出された妊婦さんとその御家族を対象に、マタニティスクールを海南保健福祉センターで開催しています。

赤ちゃんが生まれた方へ

 出生届をされた方は、健康課まで母子健康手帳をお持ちのうえ、お気軽にご相談ください。

助産師・保健師による家庭訪問

 お子さんが生まれたご家庭に助産師や保健師が訪問し、子育てについてのご相談をお受けします。
 出生届の提出後、4か月健診までの間にご連絡をし、お約束の日を決めさせていただきます。
 また、必要に応じて随時、お伺いします。
 お気軽に、ご相談ください。

乳幼児の健診と相談 -心と身体の発達を確認-

 乳幼児の心と身体の発達を確認するため、4か月・10か月・1歳6か月・3歳6か月・5歳に健診と相談を行っています。
 他の子どもさんの成長の様子を知る機会にもなりますので、健診を受けましょう。
 対象児には、その都度、通知します。

発達相談 -専門家による発達相談-

 お子さんの発達についてご心配のある方を対象に、専門家による発達相談を行っています。
 相談を希望される方は、予約が必要ですので、事前にお問い合わせください。

関連情報

出生届 -赤ちゃんが生まれたら-

お問い合わせ先
くらし部 健康課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8441
メール送信:kenko@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ