現在の場所

つけてますか?住宅用火災警報器!

海南市では、平成23年6月から全ての住宅への設置が義務付けられています。

住宅用火災警報器の種類

住宅用火災警報器には、煙感知器と熱感知器があります。

寝室に設置するのは煙感知器と規定されています。(煙感知器の方が火災を早期に感知できます。)

又、熱感知器は、台所やほこりの多い場所に設置すると有効です。(義務ではありません。)

連動式煙感知器

連動式煙感知器

住宅用火災警報器の中には、連動式のものもあります。このタイプは、一つの部屋で火災を感知すると、ほかの部屋に設置した感知器も鳴る仕組みです。より早く火災を発見するのに有効です。(無線式のものと、100V電源配線式のものがあります。既存の住宅では、工事が不要のため、無線式のものが便利です。)

住宅用火災警報器の取付場所(PDF:120.9KB)

住宅用火災警報器の効果(PDF:279.3KB)

住宅用火災警報器Q&A

お役立ちサイト(日本火災報知器工業会ホームページ)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
消防本部予防課
〒642-0002
海南市日方1294番地13
電話:073-483-8711
メール送信:syoboyobou@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ