現在の場所

室山浄水場

室山浄水場

沿革

昭和21年の南海道大地震によって、地盤沈下及び主要産業であった紡績・な染工場等の地下水汲み上げの増加により塩水が混入し、生活用水・工場用水ともに利用できない状況になりました。
昭和31年、県において工業用水道を計画するに際し、上水道を合わせた計画として、昭和32年2月に事業認可を受け、紀の川より浄水場を経て、室山配水池までを県において施工、市内の「黒江・船尾・日方・内海・大野」地区全域の配水施設を市で施工することにより、昭和34年7月より給水を開始しました。
昭和50年3月までは、県営紀の川工業用水道管理であったが同年4月1日、海南市に移管され室山浄水場となりました。

室山上水所フローシート

概要

所在地

〒642-0011 海南市 黒江201番地
電話番号 073-483-8578
ファックス 073-482-1880

敷地

6005平方メートル (約1820坪)

水源

紀の川表流水

施設能力

1日22,000立方メートル

施設写真

強制凝集沈澱池 2基

強制凝集沈澱池 2基

 

急速ろ過池 6池

急速ろ過池 6池

 

ポンプ室 揚水ポンプ4台

ポンプ室 揚水ポンプ 4台

お問い合わせ先
水道部 施設維持課
〒642-8501
海南市日方1289番地26
電話:073-483-8755
ファックス:073-483-8752
メール送信:sisetuiji@city.kainan.lg.jp
施設の紹介

ページの先頭へ