現在の場所

議会基本条例

 地方分権一括法が施行され、地方自治体は自らの判断と責任により、地域の実情に沿った行政を展開していくことが求められています。

 このような中、二元代表制の趣旨を踏まえ、議会は市民の負託を受けた議事機関として、これまで以上に執行機関の監視機能を十分に発揮するとともに政策立案機能を強化する必要があります。

 海南市議会では、平成25年に議会改革ワーキンググループを設置し、「開かれた議会」「活力ある議会運営」「積極的な政策提言」の3点を議会改革の方向性として定め、調査研究を行い、翌年に設置した議会改革特別委員会において、さらにその議論を積み重ねてきました。

 特別委員会では、条例に盛り込む内容の議論、先進地の視察等を重ね、全議員を対象とした報告会における意見を踏まえ、平成29年11月定例会において、「海南市議会基本条例」を委員会提出議案により提案し、平成29年12月8日に全会一致で可決しました。

海南市議会基本条例(PDF:109.7KB)

海南市議会基本条例(解説入り)(PDF:138.6KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
議会事務局
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8700
ファックス:073-483-8703
メール送信:gikaij@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ