現在の場所

市庁舎の移転について検討を進めています(平成25年11月)

海南市役所庁舎

海南市役所(南別館・東別館・駐車場含む)
 所在地  海南市日方1525番地6
 建築年  昭和40年(東別館 昭和43年)
 敷地面積 5715.22平方メートル  
 延床面積 7227.70平方メートル
 海 抜  1.9m

株式会社和歌山リサーチラボ

株式会社和歌山リサーチラボ
 所在地  海南市南赤坂11番地
 建築年  平成8年
 敷地面積 8866.30平方メートル  
 延床面積 6681.98平方メートル
 海 抜  約60m
 建物所有者 
   株式会社和歌山リサーチラボ
   (県・市などが出資する第三セクター)
 敷地所有者 和歌山県

1 経過

 現在の市庁舎は、昭和40年に建てられたもので、以来約48年が経過し、大変老朽化が進んでおります。このような中、東日本大震災の発生を受け、地震及び津波への対応を考える中で、平成24年度より、新たな庁舎の整備について、具体的な検討を開始しました。
 昨年度、市民団体の代表者や学識経験者で構成する海南市庁舎検討懇話会で、ご意見を伺う中で、市としては、災害時、特に、発生が懸念される巨大地震や、それに伴う津波への対応を考慮し、「市庁舎の高台への移転整備」という方向性での整備が望ましいと考え、今年5月から6月にかけて、市内17カ所で開催した市政懇談会において、この高台移転という方向性を、広く市民の皆様に説明しました。
 市政懇談会では、市より示した方向性に対する賛成意見はあったものの、反対意見が出されなかったことなどから、その後、高台移転という方向性を、移転先の選定という形で具体化するため、検討を進めてきました。
 

2 移転先選定の考え方

 地震・津波発生時の復旧・復興拠点としての市庁舎の役割等を踏まえ、市庁舎の安全性・機能の確保を基本としたうえで、近い将来、大地震や大津波の発生が予測されている現在の状況の中で、できる限り早急に整備を進められる方法を選択すること、さらに、現在の厳しい財政状況下においては、できる限り財政負担の軽減が図られる方法を選択することが重要であるとの考え方に基づき、協議を重ねました。
 

3 移転候補地

 具体的な建設場所については、海南市庁舎検討懇話会において、6ヶ所の候補地について協議が行われましたが、これらのうち、浸水区域内にある「現市庁舎及び周辺」、「海南駅前旧清算事業団用地」を除いたうえで、市が考える「高台への移転」という方向性に沿う4つの候補地(市民運動場、幡川地区民有地、和歌山リサーチラボ、鰹田池周辺整備事業用地)について、改めて、比較・検討を行いました。
 その結果、用地・建物を取得する必要があるものの、代替施設を整備する必要性がなく、財政負担が他の候補地より少ないことなどから、現在の海南市が置かれた状況にあっては、和歌山県や株式会社和歌山リサーチラボへの申し入れをし、ご理解をいただけるならば、株式会社和歌山リサーチラボ社屋を新たな市庁舎として活用する方法が望ましいと判断しました。
 

4 具体的な整備方針

1.株式会社和歌山リサーチラボ社屋を早期に取得できれば、改修を行ったうえ、市庁舎として活用する。
2.株式会社和歌山リサーチラボ敷地及び周辺の民有地を取得し庁舎整備に必要となる面積を確保する。
3.株式会社和歌山リサーチラボ社屋だけでは、庁舎として面積が不足するため、市庁舎に隣接する別館
 を新たに整備する。
4.現在、本庁舎に配置されている部署を新たな庁舎に配置する方向で検討を進める。
5.現市庁舎周辺に支所を設置するとともに、庁舎跡地は、まちの賑わいにつながる活用を検討する。
 

5 跡地活用

 市庁舎移転後、まちに賑わいが生まれ、地域全体の活性化につながるよう、図書館機能や公園などを備えた市民交流施設の整備や、幼稚園と保育所の機能を併せ持つこども園の設置について、検討していきます。また、市庁舎の移転に伴い設置する支所では、通常の支所で行っている住民票や戸籍等の交付事務だけでなく、福祉関係の手続きや各種申請受付等も含め、幅広い業務を行うことについて検討します。
 

6 今後の取り組み

 今後、株式会社和歌山リサーチラボに移転するという方向性をより明確にするため、基本構想・基本計画の策定に取り組みます。策定にあたっては、各種団体の代表者や市議会議員、学識経験者、公募委員で構成される新庁舎整備検討委員会や、市議会の意見を伺いながら、新庁舎整備の具体的な方向性や基本的な考え方、市庁舎の位置、新庁舎の規模、機能、現庁舎跡地の利活用、整備費用等を示していきたいと考えております。
 

7 市庁舎整備の流れ(予定)

基本構想・基本計画の策定
        ▼
庁舎の土地・建物の取得
        ▼
市役所の位置を定める条例の改正
        ▼
新庁舎の整備に係る設計・工事
 

8 移転候補地

移転候補地の地図

お問い合わせ先
総務部 管財情報課
〒642-8501
海南市日方1525番地6
電話:073-483-8411
ファックス:073-483-8749
メール送信:kanzaijoho@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ