現在の場所

「下津蔵出しみかんシステム」が日本農業遺産に認定されました

 平成30年6月に日本農業遺産に認定申請した「下津蔵出しみかんシステム」が、農林水産大臣により、日本農業遺産に認定されました。
 (日本農業遺産の認定は、県内初。)
今後は、「農業遺産保全計画」に基づいたシステムの維持・保全活動を展開し、農業遺産を活用した地域振興に取り組んでいきます。

日本農業遺産とは

・伝統的な農林水産業を営む地域(農林水産業システム)を、農林水産大臣が認定する制度。
・創設は平成28年4月。認定は2年に1度行われ、平成30年度が第2回目の認定年度。
・市町村及び関係団体で組織する地域協議会等が、大臣あて認定を申請。「世界農業遺産等専門家会議」の審査を経て、認定の可否が決定。
・平成28年の第1回認定地域は8地域。

今回の認定地域(全国)

日本農業遺産に認定された地域:7地域(7県)(申請地域:18地域・14府県)

システムの概要

・日本の「みかん発祥の地 下津」における、蔵出しみかんを中心とした持続的な農業システム。

・自然の力を利用したみかんの貯蔵技術、独自の石積み技術や斜面を活かしたびわの栽培技術等を確立し、全国有数の産地を形成。

お問い合わせ先
まちづくり部 産業振興課 農林水産係
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8464
ファックス:073-483-8466
メール送信:sangyosinko@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ