土砂災害に備えましょう

更新日:2021年08月16日

  7月3日に静岡県熱海市で大規模な土砂災害が発生しています。
  本市でも、これまでの長雨により、地盤が緩んでいるところがありますので、土砂災害にご注意ください。

  • 和歌山県の「わかやま土砂災害マップ」や海南市地図情報サイト「かいなんMAP」で、事前に自宅や職場などの危険性を確認しましょう。
  • 雨が降り続く場合は、気象情報に注意し、土砂災害の危険な場所にいる方は、早めに安全な場所に避難しましょう。
  • 自宅が危険な場所にある場合は、安全が確認できる「親戚や知人宅等への避難」も検討しましょう。
  • 感染症対策では、「車避難」も有効です。ただし、豪雨時の移動は危険ですので、早めの避難や周囲の安全確認を行うほか、エコノミークラス症候群にも注意しましょう。
  • 地域外の安全な場所に移動することが困難な場合は、近くの丈夫な建物の2階や、自宅の2階や崖と反対側の部屋などに移動しましょう。
  • 崖から音がするなど、土砂災害の前兆現象に注意しましょう。
  • 市では、大規模盛土造成地マップを作成していますので、確認しましょう。

  また、和歌山県では、あらかじめ地点を登録すると、土砂災害の危険度が高くなった場合に、自動的にメールで状況をお知らせするシステムを運用しています。詳細については下記ファイルをご参照ください。

メールで土砂災害の危険度をお届けします(和歌山県作成)(PDFファイル:626.9KB)

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 危機管理課
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8406
ファックス:073-483-8483
メール送信:kikikanri@city.kainan.lg.jp