台風に備えましょう

更新日:2021年09月27日

自宅の災害リスクを確認する

   ハザードマップで自宅の危険性を確認し、自宅が危険な場所にある場合は、家族や近所の人と避難するタイミングや安全な避難場所について話し合いましょう。
   安全な場所にいる場合は、避難場所に行く必要はありませんし、避難が必要な方は、安全が確保できる「親戚や知人宅等への避難」も検討しましょう。

家の周りの備えをする

   側溝や排水溝、雨どいの掃除をし、水はけを良くするほか、強風で飛ばされる物は家の中にいれましょう。
   また、屋根や塀、壁などの点検、補修をしておきましょう。

停電に備える

   携帯電話やスマートフォンの充電、懐中電灯の準備をしましょう。
   また、冷凍庫で保冷剤を凍らせておきましょう。
   断水に備え、生活用水を確保するため、湯船に水を溜めることも有効です。

非常用持出品の確認をする

   飲料水や食料、懐中電灯、持病の薬、衛生用品、タオル、体温計などの準備をしましょう。
   特に、乳幼児や高齢者がいる方は、必要なものを確保しましょう。

感染症の対策をする

   ワクチン接種後も感染する恐れがあります。市指定避難場所では、引き続きマスク着用等の感染症対策が必要です。

ペットの避難を考える

   大切な家族であるペットのため、キャリーバッグやペットシーツなどの準備をしておきましょう。

風水害時のマイ・タイムラインを作成する

   風水害時の避難のタイミングを検討するため、予め平常時にマイ・タイムラインを作成しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 危機管理課
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8406
ファックス:073-483-8483
メール送信:kikikanri@city.kainan.lg.jp