ワクチン接種について

更新日:2022年02月07日

接種の予約について

海南市での接種を希望される方は、コロナワクチンナビで予約受付状況や予約方法を確認してください。

1、2回目の接種を希望される場合は、ファイザー社ワクチンで標準的には21日間隔、モデルナ社ワクチンで標準的には28日間隔をあけて2回分の接種日を確保する必要があるためコロナワクチンナビでは接種可能な医療機関でもお断りされる場合があります。

海南医療センターは1、2回目接種のための予約枠を設けております。

小児の接種については海南市コールセンター(0120-257-567)にお申し込みください。

接種を受ける(持病がある人は、主治医に事前に相談してください。)

接種時に必要なもの

  1. 接種券一体型予診票
  2. 接種済証
  3. 本人確認ができるもの(健康保険証や運転免許証など)
  • 費用は無料です。
  • 予診票」は事前に記入してください。

ワクチンについて

市内の医療機関で使用するワクチンは、ファイザー社製または、モデルナ社製のワクチンです。

各ワクチンの有効性などについては、下記をご覧ください。

ワクチン接種は任意です

ワクチン接種は強制ではありません。新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、しっかり情報提供したうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副作用のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症の発症や、重症化を予防する効果が期待されるワクチンですが、持病等の様々な理由で接種できない人もいます。
接種を受けていない人に対して差別的な扱いをしたり、職場や周りの人に接種を強制したりすることのないようお願いします。
一人ひとりがお互いを思いやり、人権が尊重されるまちづくりにご協力ください。

ワクチン接種に関する詐欺に注意してください

ワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだまし取ろうとする電話が全国で発生しています。
市町村等が、ワクチン接種ために「予約金」等の金銭や個人情報を電話で求めることはなく、ワクチン接種の費用や予約には、お金はかかりません。

ワクチンの情報について

新型コロナウイルスワクチンの情報は、下記の厚生労働省ホームページなどをご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

ワクチン接種班(くらし部 健康課内)
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8441
メール送信:kenko@city.kainan.lg.jp