ペットを飼っている皆さまへ-災害時のペットとの同行避難について-

更新日:2021年03月08日

 災害は突然起こります。いざというとき、ペットを守れるのは飼い主だけです。
 まず飼い主が無事でいること、そして避難する場合にはペットと一緒に避難場所に避難すること(同行避難)が基本です。
 ともに安全に避難でき、周りの人へ迷惑をかけず、安心して過ごすためには、日頃からの心構えと備えが大切です。
 ペットが理由で避難しないことは、自分の安全を脅かすことにつながりますので、ペットと一緒に同行避難をしましょう。

飼い主がいま、やるべきことは?

  • ワクチン接種や寄生虫の駆除など、健康面のチェックをしましょう。
  • 最低限のしつけや、ケージに慣らす訓練、首輪や迷子札の装着、マイクロチップなどによる所有者明示をしておきましょう。(犬の場合は、鑑札、狂犬病予防注射済票の装着が義務付けられています。)
  • 住宅の災害対策や、フード、トイレシートなどのペットの避難セットの準備をしておきましょう。
  • ペットの受入れ対応を含め、事前に避難場所の確認をしておきましょう。

もし被災してしまったら?

災害時にはペットを落ち着かせ、迷子にさせないよう注意して、ペットとともに同行避難をしましょう。

 

注意:同行避難とは、避難場所までの避難行動(行為)のことをいいます。避難所でペットと人が同じスペースで過ごすことなどの(同伴避難)を指すものではありません。

 

詳しくは、下記リンク先よりご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先
くらし部 環境課
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8456
メール送信:kankyo@city.kainan.lg.jp