予防接種の間違いの発生に係る本市の対応について

更新日:2021年07月30日

1.予防接種間違いの内容
令和3年7月26日(月曜)に、市内の医療機関で沈降ジフテリア破傷風混合トキソイドを接種する予定であった11歳の児童に対し、誤って新型コロナワクチンを接種しました。
医療機関によると、予診票及び本人の確認をしたが、机の上に沈降ジフテリア破傷風混合トキソイドと新型コロナワクチンの二つのトレイがあり、誤って新型コロナワクチンを手に取り接種してしまったとのことです。

2.本市の対応
被接種者本人の状況を確認し、海南医師会役員を交え接種医療機関から聞き取りを行い、今後の対応及び再発防止策について協議を行いました。再発防止策として、今回の事例における間違いの原因である接種場所に、対象外のワクチンを同時に置かないことを徹底すること、国通知の予防接種間違いの事例や参考資料も参考に、改めて、間違いを防ぐための接種前の手順について確認することとしました。また、このことについて市内の医療機関に情報を共有し、予防接種の取り扱いの徹底について注意喚起を行っています。

この記事に関するお問い合わせ先

くらし部 健康課
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8441
メール送信:kenko@city.kainan.lg.jp