海南市内事業者環境整備事業補助金について(期間延長)

更新日:2021年08月26日

海南市内事業者環境整備事業補助金(申請期間を延長します!!)

海南市は、新型コロナウイルス感染症予防対策を行う市内小規模事業者の皆さまを応援します。

※ 広報かいなん9月号(P.22)では、申請期限が9月30日(木曜日)となっていますが、補助対象期間・申請期間を延長しました。

1.補助対象期間

令和3年4月1日(木曜日)から令和3年10月29日(金曜日)

2.申請期間

令和3年5月6日(木曜日)から令和3年10月29日(金曜日)

名称

海南市内事業者環境整備事業補助金

補助対象者

  1. 自己の所有する事業所又は、自らが賃借している事業所(改修を伴うものについては、所有者の同意があるものに限る。)で引き続き事業活動を行うため感染症予防対策を実施するものであること。
  2. 市内に事業所を置く小規模事業者(従業員数が、製造業・その他では20人以下、宿泊業・娯楽業を除く商業・サービス業は5人以下、サービス業のうち宿泊業・娯楽業は20人以下)であって、事業完了後の事業所で営業するものであること。
  3. 前年度までの市税(国民健康保険税を除く)を完納していること。
  4. 暴力団員の不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員及びその関係者でないこと。

備考:「医師・歯科医師・助産師」、「系統出荷による収入のみである個人農業者等」、「協同組合」、「一般社団法人、公益社団法人」、「医療法人」、「社会福祉法人」、「宗教法人」、「学校法人」、「性風俗店」等は対象外となります。

補助対象経費

事業活動を継続するため感染症予防対策のために行う取組のうち、別表1に定めるもので、以下の条件を全て満たすもの。

  1. 対象経費(税込)が3万円以上(ポイント決済等で購入したものは対象外)。
  2. 令和3年4月1日から令和3年10月29日までに実施し、支払いまで完了した補助事業に係る経費。
  3. 本市の他の事業や、国、県等の補助金の交付対象となっていないこと。(和歌山県が実施する飲食店感染拡大防止対策助成金を除く)
  4. 工事を伴う場合、施工業者は市内に事務所又は事業所を有する者に限る。
  5. リース、レンタルによるものでないこと。
  6. 個人間取引等でないこと(例:フリマアプリ等を利用した取引等)

注意:和歌山県が実施する飲食店感染拡大防止対策助成金を受けている場合、補助対象経費については、当該助成金額を差し引いたうえで算定を行います。

(補助対象経費の例)

仕切り用アクリル板、フロアマーカー、透明ビニールカーテン、セルフレジ、空気清浄機、加湿器、非接触型体温計、非接触型自動水栓、間仕切りの設置工事、自動トイレの設置工事、換気扇の設置工事など

別表1(PDFファイル:116.1KB)

補助率及び補助限度額等

  1. 補助率            補助対象経費の3分の2(千円未満切り捨て)
  2. 補助限度額      1事業者あたり10万円
  3. 補助対象期間    令和3年4月1日(木曜日)から令和3年10月29日(金曜日)まで
  4. 補助回数          1事業者につき1回限り

注意:事業は、令和3年4月1日から実施し、令和3年10月29日までの支払い完了いただいたものが対象となります。市への申請については、令和3年10月29日までに行ってください。 

申請期間

令和3年5月6日(木曜日)から令和3年10月29日(金曜日)まで

必要書類(申請時)

5月6日以降事業を実施予定の方は、まず申請書を提出いただき、補助金交付決定通知書を受け取り後、事業を実施してください。
以下の手順Bをご参照ください。
事業完了後に申請を行い、補助対象経費とならない場合、事業費は自己負担になります。

A.既に完了した事業の補助金申請を行う場合

  • 海南市内事業者環境整備事業補助金交付申請書兼完了報告書(様式第1号)
  • 収支決算書
  • 購入した設備等の領収書又は、改修工事を行った領収書の写し
  • 購入した設備等の内容が分かる書類又は、改修工事の内容が分かる書類
  • 購入した設備等の写真又は、工事を伴う場合は改修工事前と後の内容が分かる写真(注意1)
  • 法人税の確定申告書別表第一(法人の場合)、所得税の確定申告書第一表(個人事業主の場合)
  • 前年度までの市税(国民健康保険税を除く)の完納証明書(注意2)
  • 店舗又は事業所の位置図
  • その他市長が必要と認める書類

注意1:改修工事前の写真が無い場合は、「施工証明書」を提出してください。

注意2:海南市内に本社がある法人又は住民票がある個人事業主の場合、申請書兼完了報告書の「交付申請に係る誓約について」に承諾いただいた場合は、提出不要です。

市外に本社がある法人又は市外に住民票がある個人事業主で、市内に事業所がある事業者の方は、以下の書類もご用意ください。

  • 前年度までの市税(国民健康保険税を除く)を完納していることが分かる書類
  • 海南市内に事業所があることが分かる書類(水道料金納付書、固定資産税納税通知書、店舗賃貸契約書の写し等)

B.これから着手する事業の補助金申請を行う場合

  • 海南市内事業者環境整備事業補助金交付申請書(様式第2号)
  • 収支予算書
  • 導入する設備の見積書又は、改修工事の内容が分かる見積書
  • 工事を伴う場合、改修工事前の内容が分かる写真
  • 法人税の確定申告書別表第一(法人の場合)、所得税の確定申告書第一表(個人事業主の場合)
  • 前年度までの市税(国民健康保険税を除く)の完納証明書(注意1)
  • 店舗又は事業所の位置図
  • その他市長が必要と認める書類

注意1:海南市内に本社がある法人又は住民票がある個人事業主の場合、申請書の「交付申請に係る誓約について」に承諾いただいた場合は、提出不要です。 

市外に本社がある法人又は市外に住民票がある個人事業主で、市内に事業所がある事業者の方は、以下の書類もご用意ください。

  • 前年度までの市税(国民健康保険税を除く)を完納していることが分かる書類
  • 海南市内に事業所があることが分かる書類(水道料金納付書、固定資産税納税通知書、店舗賃貸契約書の写し等)

必要書類(事業完了時)

  • 海南市内事業者環境整備事業補助金完了報告書(様式第9号)
  • 収支決算書
  • 購入した設備又は、改修工事を行った領収書の写し
  • 購入した設備の内容が分かる書類又は、工事を伴う場合は、改修工事の内容が分かる書類
  • 導入した設備等の写真又は、工事を伴う場合は改修工事後の内容が分かる写真
  • その他市長が必要と認める書類

申請方法

  • 郵送での申請

          ・海南市役所産業振興課 海南市内事業者環境整備事業補助金担当宛

              (〒642-8501 海南市南赤坂11番地)

  • 窓口での申請

          ・海南市役所5F産業振興課

            電話番号:073-483-8460(受付時間 平日8時30分から17時15分) 

その他

  • 補助金の交付は、令和3年10月29日までに支払いまで完了することが条件です。
  • 補助事業の完了報告は、令和3年10月29日までに行ってください。
  • 補助金の交付は、1事業者につき1回限りとします。
  • 申請状況により、市職員が事業所等を確認する場合があります。
  • 事業実施者は令和3年度プレミアムクーポン券事業の取り扱い登録店舗の登録にご協力ください。
  • 市内事業者の消費喚起のため、地元の事業所で購入設置を行うよう努めてください。

募集要領・申請書等

この記事に関するお問い合わせ先
まちづくり部 産業振興課 商工観光係
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8460
ファックス:073-483-8466
メール送信:sangyosinko@city.kainan.lg.jp