特例郵便等投票について

更新日:2022年06月01日

新型コロナウイルス感染症で「宿泊療養」または「自宅療養」されている方で一定の条件に該当する方は、特例郵便等投票ができます。

対象となる方

1 海南市で選挙に投票できる方

2 感染症法または検疫法の規定による外出自粛要請を受けた方、もしくは検疫法の規定による隔離または停留の措置を受けて宿泊施設内に収容されている方

3 投票用紙請求時上記2の期間が当該選挙の公(告)示日の翌日から投票日当日までの期間にかかると見込まれる方

注意:濃厚接触者はこの投票の対象ではありません。ただし、オミクロン株の濃厚接触者であって感染症法に基づく外出自粛要請を受けている方はこの投票の対象となります投票所での投票になります。投票時には、マスクの着用や手指の消毒等感染拡大防止の徹底をお願いします。

手続きの流れ

1 投票用紙等請求書の用意

次のいずれかの方法により、投票用紙等を選挙期日(投票日当日)の4日前まで(必着)に請求してください。

この特例郵便等投票制度は郵便を利用した投票方法となりますので、手続きに日数を要します。公(告)示前でも投票用紙等の請求は可能ですので、お早目の請求をお願いします。

ア 海南市選挙管理委員会に連絡し、投票用紙等請求書などの送付を依頼

イ 市HPから投票用紙等請求書などをダウンロード

2 投票用紙等請求書等の記入・返送

ア 投票用紙等請求書に必要事項を記入

イ 返信用封筒(上記1-イの場合は受取人払い用紙を封筒に貼り付け)に投票用紙等請求書及び保健所等からの外出自粛要請等に係る書面(交付されていない場合は、その旨を投票用紙等請求書に記入)を封入

ウ 返信用封筒をファスナー付透明ケース等に入れ、ケース表面を消毒し投かん

 

注意:ファスナー付透明ケースについて、上記1-アの場合は選挙管理委員会から送付されるケースをご利用ください。上記1-イの場合は自宅などにある透明のケースや袋に入れてテープなどで密封し、表面を消毒してください。

3 投票用紙等の受け取り・記入・返送

ア 公(告)示日以降に、投票用紙・投票用紙を入れる封筒(2種類)・返信用封筒・ファスナー付透明ケースを受け取る

注意:自宅療養者の方への送付は置き配指定となります。配達員からの呼び鈴や電話などの呼び出しには応答できるようにしてください。応答がない場合、郵便局への持ち帰りとなります。

イ 投票用紙に候補者名等を鉛筆で記入

ウ 投票用紙を内封筒に入れる

エ 内封筒を外封筒に入れ、それを返信用封筒に入れる

オ 返信用封筒をファスナー付透明ケースに入れ、ケースの表面を消毒し投かん

注意事項

ア 一連の作業を行う際は、手指消毒やマスクの着用、ビニール手袋の着用など感染拡大防止にご協力をお願いします。

イ ファスナー付透明ケースの投かんは、同居されている方や施設スタッフなどにお願いしてください。

ウ 投票用紙請求書や投票用紙などは必ず本人が記入してください。

エ 選挙期日(投票日当日)までに投票用紙が選挙管理委員会に届かない場合は無効となりますので、速やかな手続きをお願いします。

オ 特例郵便等投票における投票用紙請求後は、投票所(期日前投票所含む)での投票はできません。投票所での投票を行う場合は請求を取り下げる手続きが必要となりますので、速やかに選挙管理委員会までご連絡ください。

投票用紙の請求から投票までの流れは、おおむね次の図のとおりです。

特例郵便等投票の流れ

その他

特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉(投票干渉罪)やなりすまし等詐偽の方法による投票(詐偽投票罪)について、公職選挙法上の罰則が設けられています。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先
選挙管理委員会事務局
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8770
メール送信:senkanj@city.kainan.lg.jp