現在の場所

予防接種について

 定期予防接種として、医療機関へ直接申し込んで受けるBCG、四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)、MR二種混合(麻しん・風しん)、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、水痘、子宮頸がん予防と、集団で受けるDT二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種を行っています。
 標準的な年齢に到達すると、実施通知書等を個別通知します。
 受ける前には、必ず「予防接種と子どもの健康」の冊子をよくお読みになり、接種の際には母子健康手帳・予診票・実施通知書をお持ちください。
 費用は無料です。(実施通知書が無い場合や指定医療機関以外での接種は有料です。)
 なお、予防接種は、海南市に住民登録がある方に限ります。

定期の予防接種一覧表

 

ヒブ(インフルエンザ菌b型)
  対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
初回 生後2か月から5歳未満

生後2か月から

7か月未満で開始       

27日から56日間隔

で3回

個別
追加

初回終了後7か月から

13か月 

1回 個別

 


小児用肺炎球菌
  対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
初回 生後2か月から5歳未満 生後2か月から7か月未満で開始       

27日以上の間隔で

3回

個別
追加

初回終了後60日以上 

(1歳から1歳3か月未満)

1回 個別


BCG(結核)
対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
生後12か月未満 生後5か月から12か月未満 1回 個別

 

 

ポリオ(急性灰白髄炎)

 

対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
初回 生後3か月から90か月未満 生後3か月から12か月

20日から56日間隔で3回

個別
追加 生後3か月から90か月未満
(初回(3回)終了後6か月以上の間隔をおく) 
初回終了後12か月から18か月 1回 個別

 


DPT三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)
  対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
1期初回 生後3か月から90か月未満 生後3か月から12か月 20日から56日間隔で3回 個別
1期追加 生後3か月から90か月未満
(初回(3回)終了後6か月以上の間隔をおく) 
1期初回終了後12か月から18か月 1回 個別

 

 

DT二種混合(ジフテリア・破傷風) 
  対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
2期 11歳から12歳 小学校6年生 1回 集団

 

 

MR二種混合(麻しん・風しん)
  対象年齢 接種回数 接種方法
1期 生後12か月から24か月未満 1回 個別
2期 5歳から7歳未満であって小学校就学前1年間 1回 個別

 


水痘(みずぼうそう)
  対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
初回 生後12か月から36か月未満 生後12か月から15か月 1回 個別
追加 初回終了後6か月から12か月 1回 個別

※かかったことがある人は対象外です。

 


日本脳炎(※)
  対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
1期初回 生後6か月から90か月未満 3歳 6日から28日間隔で2回 個別
1期追加 生後6か月から90か月未満 4歳 1回 個別
2期 9歳から12歳 9歳 1回 個別

※詳しくは、日本脳炎予防接種のお知らせをご覧ください。

 

 
子宮頸がん予防(HPV) 
対象年齢 標準的な年齢 接種回数 接種方法
小学校6年生から高校1年生相当の女子 中学校1年生

2価、4価とも3回

(スケジュールが異なります)

個別

※HPVワクチンには2種類(2価、4価)あり、同じワクチンを3回接種します。

 

 

定期外(任意)の予防接種について

 予防接種には定期と定期外(任意)があります。
 定期外の場合、公費負担はありませんが、保護者の希望等があれば自費で接種することができます。

主な任意予防接種

  • インフルエンザ(64歳以下)
  • おたふくかぜ
  • B型肝炎

注意

  • 定期予防接種についても対象年齢以外の接種は定期外(任意)となります。
  • 定期外(任意)の予防接種で健康被害が起こった場合は医薬品副作用被害救済制度があります。
  • 定期外(任意)の予防接種については、かかりつけ医にご相談ください。
お問い合わせ先
くらし部 健康課
〒642-0002
海南市日方1519番地10 海南保健福祉センター内
電話:073-483-8441
メール送信:kenko@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ