現在の場所

認知症支援

認知症とは

 認知症とは、誰でもなる可能性のある病気です。高齢化に伴い、認知症の人も増えています。
 認知症は、早く気づくことが大事です。早く治療を始めることができたり、認知症のご本人の意思を確認することができます。
 最近では、正常と認知症の中間である状態の軽度認知障害が注目されています。物忘れが主な症状ですが、日常生活には特に支障がないと言われています。
 「認知症かも?」と心配になった時は、かかりつけ医や下記の相談窓口にご相談ください。ひとりで悩んだり、ご家族だけで抱え込まずに、ぜひ相談窓口をご利用ください。
 認知症ではないかと気になる方や、ご家族が認知症ではないかと心配している方は、下記に和歌山県認知症疾患医療センターの認知症チェックシートへのリンクを掲載していますので、ご活用ください。これは、認知症を診断するものではなく、あくまでも目安です。
 

和歌山県認知症疾患医療センター 認知症チェックシート

相談窓口案内

海南市地域包括支援センター
住所 〒642-8501 和歌山県海南市南赤坂11番地
連絡先 TEL:073 (483) 8762 FAX:073 (483) 8769

 相談窓口紹介

担当地域 名称 住所 電話番号
黒江・船尾 医療法人 恵友会
(海南)
海南市船尾264-2 483-3000(代)
日方・内海 医療法人 同人会
(カルフール・ト゛・ルホ゜)
海南市築地1-50 483-8100   
大野・巽 医療法人 辻秀輝整形外科 海南市名高178-1 483-3383   
亀川・北野上・中野上・南野上 社会福祉法人 中庸会(天美苑) 海南市七山964-1 486-0662   
東・新田・西・鰈川・加茂郷・丸田・戸坂・黒田・丁・方北・方南・女良・大崎 社会福祉法人 平成福祉会(かぐのみ苑) 海南市下津町丸田1111-1 492-5800(代)
小畑・上・小原・塩津・加茂・仁義 医療法人 恵友会
(下津)
海南市下津町小南125 492-5132(代)

 

地域における認知症高齢者支援体制

支援体制図

認知症サポート医とは

認知症にかかる地域医療体制構築の中核的な役割を担っていただいています。

かかりつけ医

○認知症に関する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人や家族を支援することができる医師

  1.  早期段階での発見・気づき
  2. 専門医療機関への受診誘導
  3. 一般患者として日常的な身体疾患対応、健康管理
  4. 家族の介護負担、不安への理解
  5. 地域の認知症介護サービス諸機関との連携

認知症地域資源マップ

東部圏域(巽、亀川、北野上、中野上、南野上) 西部圏域(黒江、船尾、日方、内海、大野)南部圏域(下津、大崎、大東、塩津、加茂、仁義)

市内を3つの圏域に分けています。
地図内の地区をクリックするとそれぞれの地域の事業所一覧をご覧いただけます。

サポーター企業・団体等

・朝日新聞

お問い合わせ

[連絡先] 海南市地域包括支援センター 電話番号073-483-8762

 お問い合わせの対応時間は、土日祝日を除く8:30~17:15です。  
 

お問い合わせ先
くらし部 高齢介護課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8762
ファックス:073-483-8769
メール送信:korei@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ