現在の場所

個人情報保護制度

 1.個人情報保護制度とは

 市政の適正かつ円滑な運営を図りつつ、個人の権利利益を保護するため、個人情報の適正な取扱いについて基本的事項(ルール)やそのルールの実効性を確保するための個人情報の開示請求など本人関与の仕組みを定めた制度です。

 個人情報とは

 個人情報とは、個人に関する情報であって、氏名、生年月日などにより、その情報の本人であるかを特定できる情報のことです。健康状態や財産の状況など、それだけでは誰の情報か分からないものでも、個人の氏名などと一体になっていれば、個人情報に当たります。

2.市における個人情報の取扱いについて

 市における個人情報の取扱状況が把握できるよう、市が行うそれぞれの業務ごとに個人情報を取り扱う事務を市長に届け出る義務があります。

 

 個人情報保護を行う機関(実施機関)

●市長 ●教育委員会 ●選挙管理委員会 ●公平委員会 ●監査委員

●農業委員会 ●固定資産評価審査委員会 ●病院事業管理者 ●消防長

●議会(以上10機関)

 

 個人情報の取扱についてのルール

(1) 保有の制限

 個人情報を保有するに当たっては、利用目的を特定しなければなりません。また必要な範囲を超えて個人情報を保有してはなりません。

(2) 本人からの取得

 原則として、本人から取得しなければなりません。

(3) 利用目的の明示

 本人から直接書面により個人情報を取得するときは、原則として、あらかじめ本人に対して利用目的を明示しなければなりません。

(4) 思想等に関する個人情報の取得の制限

 原則として、思想、信条及び信教に関する個人情報や社会的差別の原因となるおそれとなる個人情報を取得してはいけません。

(5) 正確性の確保

 利用目的の達成に必要な範囲内で、保有している個人情報が過去又は現在の事実と合致するよう努めなければなりません。

(6) 安全確保の措置

 保有している個人情報の漏えいなどの防止のための措置を講じなければなりません。

(7) 従事者の義務

 業務に関して知り得た個人情報の内容をみだりに他人に知らせたり、不当な目的に利用してはなりません。

(8) 利用及び提供の制限

 原則として、利用目的以外の目的のために、個人情報を利用・提供することは、制限されています。

(9) オンライン結合による提供の制限

 原則として、個人情報を「オンライン結合」により、実施機関以外のものに提供することができません。

 

 3.自己情報に対する本人関与について

(1) 開示請求

 誰でも、実施機関が保有している自分の個人情報について、開示を請求することができます。 請求される方以外の個人に関する情報などの不開示情報を除いて、開示されます。

※ 不開示情報は、情報公開における非公開情報と同一ですが、加えて開示請求者本
 人の情報であっても、本人の生命、健康、生活又は財産を害するものである情報も非
 開示情報とされています。

 (2) 訂正請求

 誰でも、開示を受けた個人情報について、内容が事実でないと思うときは、訂正を請求することができます。

 実施機関の長が請求に理由があると認めるときは、利用目的の達成に必要な範囲内で、訂正されます。

 (3) 利用停止

 誰でも、開示を受けた個人情報について、不適法な取得、利用・提供が行われていると思うときは、利用停止(消去、利用・提供の停止)を請求することができます。

 実施機関の長が請求に理由があると認めるときは、適正な取扱いを確保するために必要な限度で、利用停止されます。

 

4.開示請求の手続について

(1) 相談・案内

 総合窓口となる総務部総務課までお問い合わせください。

 請求したい情報を特定します。

(2) 申請

 所定の申請書に必要事項を記入のうえ、総務部総務課まで提出してください。

 ※自己の個人情報の開示、訂正等の請求には、本人であることを明らかにする書面
 (運転免許証、パスポート等)の提示が必要になります。

 ※原則として、代理申請は認められません。

 

 (3) 決定

 請求があった情報の所管課は、その情報を開示できるかどうか、あるいは自己情報の訂正等をするかどうかを原則として15日以内に決定し、書面により請求された方に通知します。

開示ができない場合、あるいは訂正しない場合はその理由を、また開示ができる場合は開示する日時と場所を併せてお知らせします。

 

(4) 閲覧又は写しの交付

 開示の決定があった場合には、総務部総務課にて、請求した行政情報を閲覧していただきます。
 写しの交付を希望されるときは、定められた費用を負担していただきます。

 

 【開示請求に係る手数料】

開示の方法

手数料の額

閲覧

   無料

白黒コピー

   1枚につき10円(両面複写 20円)

カラーコピー

   1枚につき50円(両面複写 100円)

その他の方法

   開示した方法に要した実費額

(5) 不服申立て

 開示ができない(一部の情報に限るものも含みます。)決定に不服がある場合には、決定のあったことを知った日から3ヵ月以内に、不服申立てをすることができます。 

 

保有個人情報開示請求書(PDF:83.1KB)

保有個人情報利用停止請求書(PDF:82.5KB)

保有個人情報訂正請求書(PDF:82.9KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ