現在の場所

藤白神社

藤白神社

万葉の時代、斎明天皇が、紀の湯(白浜町)に行幸の際、この地を訪れ創建されたと伝えられています。
境内には、信仰の旅の道としてひらけた熊野古道九十九王子の一つで、そのうち格式のある五体王子の一つであった藤白(ふじしろ)王子跡がこの地にあります。 

また、元旦には藤白の獅子舞(県無形文化財)や11月11日には「有間皇子まつり」が催されています。

藤白神社

樹齢1000年を越える樟が境内をおおっています。

藤白の獅子舞

藤白の獅子舞

和歌山県の無形民俗文化財に指定されているこの獅子舞は、熊野詣が盛んなころ神前で奉納された里神楽が起源だといわれ能楽を思わせるような優美な動きがみどころです。

所在地

海南市藤白466番地 

電話番号

073-482-1123

駐車場

有り(無料)

ルート

JR海南駅から徒歩10分
和歌山バス「藤白」下車、徒歩約5分

お問い合わせ先
教育委員会 生涯学習課 文化振興係
〒649-0121
海南市下津町丸田217番地1
電話:073-492-0143
メール:syogai@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ