現在の場所

学校施設開放事業

学校施設開放とは?

スポーツ活動等において、市内の学校施設(運動場・体育館)を、学校教育に支障の無い範囲で利用できる制度(以下「学校開放」という。)です。

従って、学校教育活動が最優先されるため、学校の行事やクラブ活動が無い時間、かつ、学校長が認めた場合に限っての利用となります。

利用にあたって

 ・利用後は、グランド整備(モップ掛け)やゴミ拾いをする等、翌日の学校教育に支障の無いように活動を行って下さい。

 ・学校施設での喫煙及び施設周辺でのタバコのポイ捨ては禁止です。

 ・各団体でスポーツ安全保険ご加入を推奨します。

 

学校開放運営委員会

 学校開放では、総合体育館等の社会体育施設とは異なり、地域の皆様や登録団体が中心となって学校開放運営委員会(以下「運営委員会」という。)を組織し、運営委員会が利用スケジュールの調整やルール作りなどを自主的に行っています。

 定期利用をされる場合は、各運営委員会に加入のうえ、運営にご協力いただきますようお願い致します。

 詳細については、各運営委員会から3名ずつ配置されている管理指導員と学校長の指導に従って下さい。



利用可能団体

(1)市内に活動拠点のある団体で、代表者が市内に在住する20歳以上の者であること。

(2)構成員が10人以上であり、かつ、その半数以上の者が市内に在住、在勤、又は在学していること。

(3)営利を目的とする団体でないこと。

 

利用時間

(1)平日(長期休業中を除く)   午後5時から午後9時30分(大野小学校運動場は午後9時)

(2)休日及び長期休業日     午前9時から午後9時30分(大野小学校運動場は午後9時)

 

利用登録の流れ

  ・各団体で学校施設利用団体登録申請書を作成

         ↓

 ・年度当初 各運営委員会の会議(スケジュール調整等)

         ↓

 ・学校施設定期利用計画書、管理指導員推薦書、学校開放運営委員報告書の作成

         ↓

 ・   当該学校長の許可

         ↓

 ・教育委員会より許可状を交付

         ↓

 ・     定期利用

 

年度当初に提出する各種申請書等は下記からダウンロードしてご利用下さい。

学校開放事業について(PDF:418.8KB)

 ※学校開放の内容については、こちらをご覧下さい。

学校施設利用団体登録申請書(PDF:89.6KB)

 ※定期利用される団体ごとに、こちらに記入のうえ、各運営委員会で取りまとめて生涯学習課に提出して下

  さい。

  円滑な手続きのため、各団体で記入のうえ、各運営委員会で開催する年間スケジュール

  調整時にご持参ください。

 

学校施設定期利用計画書(WORD:33KB)

 ※各運営委員会でスケジュールを調整のうえ記入し、当該学校長の許可を得て下さい。

   体育館と運動場の計画書を、それぞれ1枚ずつ作成して下さい。  

 

学校開放運営委員会管理指導員推薦書(WORD:32.5KB)

 ※各運営委員会より3人ずつ、管理指導員を推薦して下さい。

 

学校開放運営委員報告書(WORD:32KB)

 ※運営委員は、利用団体より代表者を1名ずつご記入下さい。

 

 

体育館 空き状況(PDF:82KB)

運動場 空き状況(PDF:77.5KB)

各学校の定期利用のスケジュール(平成29年7月現在)

※学校と地域・開放運営委員会の中での調整で、空きの予定でも利用出来ない場合があります。新規利用をご希望の団体の方は、利用日・利用したい学校の候補をいくつかご用意のうえ、ご相談ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
教育委員会 生涯学習課 社会教育係
〒649-0121
海南市下津町丸田217番地1
電話:073-492-3349
メール:syogai@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ