現在の場所

橘本神社(みかん発祥の地、お菓子の神様)

 創立年代は不明ですが、西暦1158年、白河法皇熊野行脚の折、法皇がこの社で通夜なされたという史実があります。当時からすでに荘厳な神社であり、熊野九十九王子の中の古社の一つであります。

橘本神社

みかん発祥の地

 「記紀」によれば、第十一代垂仁天皇は、田道間守(たぢまもり)に命じて不老長寿の霊菓を求めて常世国(現在の中国)に渡り、十余年の辛苦の末、非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)すなわち「橘」を持ち帰るが、天皇は既に崩御されていた。田道間守公は落胆悲涙し、その陵に橘を捧げて命絶えたとされています。その橘が日本で最初移植されたのが、「六本樹の丘」(橘本神社旧社地)です。橘は現在のみかんの原種で、改良され多くの人々に食べられる果物となっていることから、みかん発祥の地と言われています。
 10月には例大祭・みかん祭りを盛大に行い、県内外の柑橘業者、果物業者が参拝され、渡御、獅子舞、投餅などを行っています。

六本樹の丘

お菓子の祖

 現代のように砂糖などを簡単に口にできなかった昔は、橘の実を加工して、菓子として食べていたことから、「お菓子の神様」とも言われるようになりました。
 橘の歴史は古く、万葉集には「橘は実され花さえその葉さえ枝に霜降れど弥常葉の樹」の一句があり、また「橘は菓子の長上にして人の好む所なり」と伝えられるように、全国菓子業者の祖神として崇敬が篤く、毎年4月には「全国銘菓奉献祭」(菓子祭)が開催され、全国から180社程度の菓子業者から銘菓が奉献されています。
 

所在地

橘本神社
 住 所  海南市下津町橘本779
 電 話  073-494-0083

お問い合わせ先
まちづくり部 産業振興課 商工観光係
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8460
ファックス:073-483-8466
メール送信:sangyosinko@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ