現在の場所

都市計画道路の見直し(変更・廃止)を行いました

都市計画道路とは


 都市計画道路とは、安心で安全な市民生活と機能的な都市活動を確保するために、都市計画法に基づいて都市計画決定された道路で、まちづくりにおいて骨格的な役割を果たす道路です。
 

整備された都市計画道路

都市計画道路の現状と見直し

 
 海南市の都市計画道路は、平成27年当時、32路線54.7kmが都市計画決定されていましたが、そのうち約2割にあたる12.7km(7路線)は、昭和56年の都市計画決定以降、未着手のままとなっていました。

 未着手の都市計画道路について、今後見込まれる社会情勢の変化を踏まえ「和歌山県都市計画道路見直し方針」を基に見直しを行い、平成28年4月15日付けで一部路線を廃止しました。

 見直しの概要については以下のとおりです。

 また、変更・廃止に関する図書(図面等)は都市整備課で閲覧できます。
 

見直し対象位置図

変更・廃止した路線

 
 なお、変更後の都市計画については、こちらのページでご覧いただけます。

海南市都市計画図閲覧サービス

ページの先頭へ