現在の場所

海南市介護保険事業について

海南市高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画について

 海南市では、団塊の世代が75歳に到達する2025年(平成37年)に向けて、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、誰もが心身を健やかに保ちながら安心して暮らせるまちづくりを進めるため、「誰もが安心していきいきと暮らしているまちづくり」を基本理念とし、平成30年度から平成32年度までの「海南市高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画」を策定しました。
 本計画では、第6期介護保険事業計画で構築された、医療・介護・介護予防・住まい及び生活支援が包括的に確保される体制(地域包括ケアシステム) を深化・推進させるため、 自立支援と重度化防止、在宅医療と介護の連携、認知症の早期発見・早期支援等の取り組みを本格化していくことを目的としています。

ダウンロード

海南市高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画 (PDF:2.4MB)

海南市高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画(概要版) (PDF:1.1MB)

 

地域包括ケア「見える化」システムによる現状分析について

地域包括ケア「見える化」システムによる現状分析について

 地域包括ケア「見える化」システムは、都道府県・市町村における介護保険事業(支援)計画等の策定・実行を総合的に支援するための情報システムです。介護保険に関連する情報をはじめ、地域包括ケアシステムの構築に関する様々な情報が本システムに一元化され、かつグラフ等を用いた見やすい形で提供されます。
 地域包括ケア「見える化」システムの主な目的は、以下のとおりです。
○ 地域間比較等による現状分析から、自治体の課題抽出をより容易に実施可能とする
○ 同様の課題を抱える自治体の取組事例等を参照することで、各自治体が自らに適した施策を検討しやすくする
○ 都道府県・市町村内の関係者全員が一元化された情報を閲覧可能となることで、関係者間の課題意識や互いの検討状況を共有することができ、自治体間・関係部署間の連携が容易になる

ダウンロード

地域包括ケア「見える化」システムを活用した海南市介護保険事業の現状分析 (PDF:638.4KB)

 

その他現状分析について

ダウンロード

2025 年度における海南市の将来推計(補足資料) (PDF:82KB) (PDF:82KB)

 

地図情報

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
くらし部 高齢介護課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8762
ファックス:073-483-8769
メール送信:korei@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ